羽生結弦、「至高のライバル」ネイサン・チェンの存在。自分の演技貫き「奪還したい」

       
羽生結弦、「至高のライバル」ネイサン・チェンの存在。自分の演技貫き「奪還したい」

NHK杯で圧巻の優勝を果たした羽生結弦は、12月5日からイタリア・トリノで開幕するISUグランプリファイナルへの進出を決めた。怪我の影響で欠場していた過去2大会で連覇を果たし、世界王者にも輝いているネイサン・チェンをはっきりと意識していると公言し、3大会ぶりの王座奪還を誓っている。世界の頂点をかけた至高のライバル関係は、羽生をさらなる高みに連れていくに違いない――。

(文=沢田聡子、写真=Getty Images)

怪我への恐怖と戦っていた羽生結弦

NHK杯で2位に55点以上の大差をつけて優勝し、グランプリファイナル進出を決めた羽生結弦。しかし、羽生には内なる強敵がいた。怪我の記憶だ。

フリー当日午前の練習での羽生は、ジャンプでパンクするシーンも多く、あまり調子がいいようには見えなかった。メダリスト会見で、羽生はこの時怪我をすることへの恐怖と戦っていたことを吐露している。

「正直、朝の練習は不安しかなかったです。というのも、ジャンプが跳べるか跳べないか、練習の結果が不安だったというものではなくて、とにかく最後まで怪我をしないようにしたいという不安感がすごく強くて、試合とはまた違った緊張感がすごくありました」

「ただひたすら『怪我したくない』という気持ちでいたので、その練習が終わってある程度ほっとできた」という羽生は、過去2シーズン、グランプリシリーズ2戦目の公式練習で怪我をしている。平昌五輪があった2017-18シーズンは、前日発熱していた状態で臨んだNHK杯の公式練習で4回転ルッツを跳び転倒、右足を痛めたため次に出場する試合は五輪本番となってしまった。2018-19シーズンはロステレコム杯(ロシア)の公式練習で4回転ループの着氷に失敗し、再び右足を痛めて世界選手権まで試合に出場できなかった。メダリスト会見で真っ先に「とにかく健康でどこも痛いところなく、大きな怪我をすることなく、無事フリーまで滑り終えたことは、とても良かったなと思います」と切り出した羽生は、二回の怪我について何度も振り返ったこと、そしてファイナルにかける思いの強さをうかがわせる発言をしている。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月1日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。