羽生結弦を唯一無二に押し上げる『SEIMEI』『バラード第1番』。5年前に始まった進化の結晶

羽生結弦を唯一無二に押し上げる『SEIMEI』『バラード第1番』。5年前に始まった進化の結晶

7日から開催される四大陸フィギュアスケート選手権・男子シングル。初優勝を狙う羽生結弦は、平昌五輪で金メダルを獲得したときのプログラム、『バラード第1番』(ショート)と『SEIMEI』(フリー)に回帰して臨む。なぜこの2つのプログラムは、羽生結弦が「自分らしく」滑れるのか? その物語は、平昌五輪より前、5年前に始まっていた――。

(文=沢田聡子、写真=Getty Images)

平昌五輪・金メダルの過程にあった「コネクト」

ショートプログラム『バラード第1番』とフリー『SEIMEI』は、羽生結弦が唯一無二の存在であることを強く印象づけてきたプログラムだ。

2014年ソチ五輪で金メダリストとなった羽生は、この2つのプログラムを滑った2015-16シーズン、限界を感じさせない無類の強さを発揮する。2014-15シーズンから継続した内省的で繊細な『バラード第1番』はこのシーズンに完成され、新しい『SEIMEI』では和の音楽と羽生の滑りが持つ緊迫感が相まって、研ぎ澄まされた空間を創り出した。NHK杯で総合322.40点という驚異的な世界最高得点をたたき出し、グランプリファイナルではさらにその得点を更新する330.43点をマーク。五輪で金メダルを獲得しても緩むことのない羽生の向上心の結晶が、この2つのプログラムだった。

平昌五輪前の2016-17シーズン、羽生は表現上のテーマとして「コネクト」を掲げた。ショートは『Let’s Go Crazy』、フリーは『Hope&Legacy』を滑ったこのシーズン、羽生は観客とつながることを意識している。優勝したNHK杯の記者会見で「コネクト」を意識したことについて尋ねると、羽生は次のように答えた。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月7日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。