「この11年で日本は何も変わってない」34歳のドラフト候補・田澤純一が誘起する変革の火種

「この11年で日本は何も変わってない」34歳のドラフト候補・田澤純一が誘起する変革の火種
       

メジャーリーグで世界一を経験したほどの経験を持つ34歳が、今秋のプロ野球ドラフト会議にかかる。プロ野球を経ずに海を渡った男が帰国して見た日本球界は、11年前と変わっていなかった。通称“田澤ルール”の撤廃によって、唯一無二のキャリアを持つ男に開かれたNPBへの道は、必ずや日本球界が変革する源となってくれるはずだ――。

(文=花田雪、写真=KyodoNews)

実績が桁違いの34歳・田澤純一が、高校生と同じドラフトにかかる

直前に迫ったドラフト会議。
その“熱”は日ごとに増しており、各スポーツメディアは毎日のようにドラフト関連の記事を公開、報道している。

目玉選手は誰か? あの球団の1位指名は誰になるのか? 隠し玉で注目したい選手は?――。スポーツ紙やネットにあふれる多くの記事を見て、あらためてドラフトの注目度の高さを感じている。

そんな中、他のドラフト候補たちとは違った意味で注目を集める「異色のドラフト候補」が一人、いる。

田澤純一。

2008年、新日本石油ENEOS(現ENEOS)からNPBを経ずに海を渡り、渡米1年目の2009年にボストン・レッドソックスでメジャーデビュー。セットアッパーとして2013年にはワールドシリーズ制覇に貢献するなど、メジャー通算388登板、21勝26敗、防御率4.12を記録。

そんな実績抜群の元メジャーリーガーが今年、「ドラフト」で指名を受けるかもしれない。

コロナ禍でマイナーリーグ全試合が中止となった今季、プレーする環境を求めていた田澤は、7月13日にルートインBCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズに入団した。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。