日本柔道“全階級金メダル獲得”には「10年かかる」? 溝口紀子が語る、世界の潮流との差とは

日本柔道“全階級金メダル獲得”には「10年かかる」? 溝口紀子が語る、世界の潮流との差とは
拡大する(全1枚)

東京五輪で合計12個のメダルを獲得した日本の柔道界。中でも金メダル9個は2004年アテネ五輪の8個を上回る過去最多の獲得数となった。2012年ロンドン五輪での男子金メダル0の屈辱、翌年の指導者のパワハラ問題などを乗り越え、いかにしてこの結果が生まれたのか。バルセロナ五輪の銀メダリストで、現在はスポーツ社会学者として活動する溝口紀子は「地の利が非常に有利に働いた」と日本勢にとって好条件の大会であったことを指摘したうえでその功績を高く評価する。その一方で、2024年パリ五輪で「全階級での金メダル獲得を目指す」と宣言した日本柔道界にとっての大きな課題も指摘する。

(インタビュー・構成=布施鋼治、写真=KyodoNews)

「日本柔道、復活」と安易にまとめることに対する違和感

──東京五輪で柔道の日本代表は男女合わせて9つの金メダルを獲得しました。これほど日本チームが活躍すると予想していましたか?

溝口:私は「うまくいけば、男子は全員金を取れるんじゃないか」と予想していたけど、男子は5つで女子は4つですか。

──はい。それでも、十分すごい獲得数です。国別でいうと、日本はダントツで1位ですから。

溝口:今回の東京五輪全体を見渡してみても、日本柔道が(他の競技も合わせ)日本全体を牽引していたことは間違いない。水泳、陸上、バドミントンなどは地元開催ということもあり活躍が期待されていたけど、思うように力を出せなかった。それだけ自国開催のオリンピックの日本代表にはすごいプレッシャーがかかっていたと思います。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク