カート・コバーン、未公開インタビューで「白人はラップすべきじゃない」と発言

カート・コバーン、未公開インタビューで「白人はラップすべきじゃない」と発言
『ネヴァーマインド』リリース数日前の取材で、カート・コバーンは白人のラップについての持論を述べている。「白人のラップは白人のダンスと同じ」と語った1991年の未公開のインタビューを振り返る。

カート・コバーンがヒップホップに対する持論を述べ、白人はラップすべきではないと語っているのは、『ネヴァーマインド』リリースの4日前の1991年9月20日に行われたインタビューで、この内容はこれまで未公開だった。

このインタビュー音声は、当時カナダのオンタリオ州ロンドンに住む21歳の大学生で、通っていたカレッジのラジオ局CHRWでDJをしていたロバート・ロルッソが投稿したものだ。音声の説明で、ロルッソはインタビューのクオリティの低さをやたらと謝っており、「客観的に見てジャーナリズムとは絶対に呼べないレベル」と言い、「事前の調査が不十分で正確さにも欠けていたため、僕の質問の仕方はひどいものだった」と反省しきりだ。

そしてロルッソは「コバーン氏は非常に辛抱強く、準備不足の僕を優しく気遣ってくれた」とも記している。

それにもかかわらず、ロルッソが行ったインタビューで、コバーンは90年代初頭の検閲との争い、アート、ニルヴァーナがゲフィン・レコーズからサブ・ポップに移った理由などについて語っている。音源の7:39あたりで、コバーンが他のインタビューで語った発言、つまり「白人はラップすべきじゃない。長い間、白人は黒人を搾取してきたんだからもう十分だろう」について、ロルッソが質問している。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2018年11月30日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。