最新研究により、切り裂きジャックの正体がついに明らかに?

最新研究により、切り裂きジャックの正体がついに明らかに?
史上最も凶悪な19世紀のシリアルキラー、切り裂きジャックの正体は、もうかれこれ100年以上謎のベールに包まれたままだった。だがここへきて新たな研究が行われ、DNA鑑定の結果、残虐行為の犯人の正体が暴かれたようだ。

法医学専門誌Journal of Forensic Science誌に掲載された論文によると、切り裂きジャックとして知られた男は、当時23歳だったロンドン在住のポーランド系移民の理髪師、アーロン・コミンスキ氏である可能性が高いという。切り裂きジャックがロンドンのイーストエンドで活動していた1888年の3カ月間、少なくとも5人の売春婦とみられる女性たちが殺されている。

論文の執筆者によれば、DNAは切り裂きジャックの被害者の1人が着用していたショールから採取されたもので、現存するコミンスキ氏の血縁者と高い確率で一致したという。

ショールの持ち主は、切り裂きジャックの4人目の被害者で、1888年9月に殺害されたキャサリン・エドウズ。ショールには精液が付着していたとみられ、論文の共同執筆者であるリード大学医学部のデイヴィッド・ミラー博士が鑑定を行った。

「まず、ショールに付着していた精液を形成する体細胞を特定することに成功しました。その体細胞を使って、容疑者の一人であるポーランド系移民アーロン・コミンスキ氏の子孫のDNAと照合したところ、一致しました」とリード大学のミラー博士は声明の中で述べている。ミラー博士は、リバプール・ジョン・ムーア大学で分子生物学を教える共同研究者のジャリ・ローヘライネン博士とともに、ショールに付着した血痕からミトコンドリアのDNAを採取することに成功。エドウズの子孫、カレン・ミラー氏のDNAと一致した。

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。