ヒット曲は皆で作るもの? ポップチャート上位曲が単独名義の作曲ではない理由

ヒット曲は皆で作るもの? ポップチャート上位曲が単独名義の作曲ではない理由
拡大する(全1枚)
2018年のアメリカ国内のチャート上位10曲のうち、一人のシンガーソングライターが作詞作曲した曲がいくつあったか考えてみよう。答えはゼロだ。ではその前年はどうだったか? これも答えはゼロ。

バズアングル・ミュージックのデータ分析によると、2018年にアメリカの音楽配信チャートのトップ10に入った楽曲にクレジットされているソングライターの数は、1曲につき平均9.1人と驚くほど多い。これほど多くの人数がクレジットされている一番の理由は、アメリカの商業音楽チャートの上位をヒップホップが多く占めていることだ。

ヒッピホップ曲の多くがサンプルを多用し、複数のプロデューサーと作詞家がソングライターとしてクレジットされる。加えて、2組のアーティストが1曲をコラボレーションするケースの増加も影響している。ソーシャルメディア上で互いのファンを取り込もうというあからさまな試みだが、これも作詞作曲クレジットに複数の名前が含まれる結果を生んでいる。

ビルボード・ホット100で一人の作詞作曲で1位になった最後の曲は、エド・シーランの「Perfect/パーフェクト」で、2018年1月のことだった。しかし、これはデータベース上の事実であって、実際にチャートで1位を獲得した「パーフェクト」は共同で作詞作曲が行われ、ビヨンセとのデュエットとしてレコーディングされている。これを踏まえると、一人の手によって作詞作曲された正真正銘の最後の1位曲は「ハッピー」で、2014年3月まで遡る。既に5年前だ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク