[ALEXANDROS]の参謀役、磯部寛之「根源は夢であり、気持ちが大事」

[ALEXANDROS]の参謀役、磯部寛之「根源は夢であり、気持ちが大事」
「洋平の曲は世界一だ」。大学1年の終わり、初めて川上洋平のデモを聴いた瞬間からその思いに揺らぎはなく、ベーシストとして着実にそれを証明してきた磯部寛之。ロジックやひけらかすような技巧に頼ることなく、天性の感覚から紡ぎ出されるベースラインは、巨大なサウンドスケープを描く[ALEXANDROS]の音楽において非常に重要なファクターと言える。磯部寛之が思う[ALEXANDROS]というバンドについて、メンバーについて、そしてこれまで以上の手応えを感じているという新作『Sleepless in Brooklyn』について語ってもらった。

※この記事は2018年9月25日に発売されたRolling Stone Japan vol.04に掲載されたものです。

いつでも世界に行く準備はできている

ー他誌のインタビューで、この人すごいこと言うなと思ったのは「メンバーの中で[ALEXANDROS]を取り払って、何か残るのは俺が一番薄い」みたいなことをおっしゃってて。今でもそう思いますか?

思いますよ。

ーあらためてどういう部分でそう思うんですか?

[ALEXANDROS]で形成されているからじゃないですかね。

ー自分の人生が、ってことですか?

そうですね。大学1年の終わりくらいに当時[Champagne]というバンドに入って、そこからは本当にバンドのことしか考えてないんですよね。就職活動してサラリーマンをやったりもしましたけど。いろいろ考えることはあったんですが、大学で[Champagne]に入ってから今日に至るまで、すべてはバンドがどう成功するかを考えることに結びついているんです。本当に俺、このバンド以外の経験がないんですよね。初めて組んだバンドで今こういう状況なので。だから、[ALEXANDROS]を取っ払ったときに俺に何が残るのかな?と考えたら、自分の存在意義とかそういうことになってくるとちょっとわからないなって。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年5月18日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。