PassCode大上陽奈子が語るモー娘。の魅力「練習量と練習の仕方に工夫がある」
拡大する(全3枚)
4人組ラウドロックアイドルユニットPassCode――サウンドや立ち位置的にはモーニング娘。19の対極に位置するグループだが、実はメンバーの大上陽奈子はモーニング娘。10期オーディションの最終審査まで残ったことがある強者だ。MIKIKO率いるダンスカンパニーelevenplay所属のKOHMENを振付師に迎えているグループのメンバーとしての経験も交え、モーニング娘。19の魅力を独自の視点で語ってもらった。

同業者が見たモー娘。ライブの凄さ

モーニング娘。さんにハマったきっかけは、小学校5年生くらいのときに、いとこがCDレンタル屋さんでモーニング娘。さんのCDを借りて来たときです。その頃はいわゆるプラチナ期と呼ばれる時代だったんですけど、いとこが借りてきたのは4th『いきまっしょい!』(2002年)だったんです。それを聴きながらアイドルごっこをするようになって、振り付けを覚えてみることにしたんです。それで動画サイトでMVとかを見ているうちに「かわいい!」って。

初めて生でライブを観たときは「本当に存在してる!」と思いましたね。そのときは10期メンバーが加入したタイミングで、私はモーニング娘。さんの10期オーディションに応募していたんですけど、合宿でライバルだった子たちがモーニング娘。さんの曲を完璧に披露していることにすごく感動しました。悔しさがなかったと言えば嘘になりますけど、ファンとして観に行っていたのでファンの気持ちで応援していました。

この記事の画像

「PassCode大上陽奈子が語るモー娘。の魅力「練習量と練習の仕方に工夫がある」」の画像1 「PassCode大上陽奈子が語るモー娘。の魅力「練習量と練習の仕方に工夫がある」」の画像2 「PassCode大上陽奈子が語るモー娘。の魅力「練習量と練習の仕方に工夫がある」」の画像3