ケビン・コスナー、40年間吸っていたマリファナをやめた理由

ケビン・コスナー、40年間吸っていたマリファナをやめた理由
現在64歳のケビン・コスナーはNetflixの映画『ザ・テキサス・レンジャーズ』でウディ・ハレルソンと共演し、パラマウント・ネットワークのドラマ『イエローストーン』では主演を務めている。今回、そんな彼に取材した。

「俺は40年間、マリファナの愛煙家だった。良い時間を過ごしたいと思ったときに吸っていた。でも5年前、良い時間を過ごせなくなってしまったんだ。それ以来吸ってない。俺のモットーみたいなものなんだけど、もし自分にとって良いものでないんだったら、それは遠ざけることにしてる」。コスナーが続ける。「俺は食事とアルコールを別々に考えてる。食事は食事、酒は酒だ。だから食事中にみんながワインを頼んだら、俺は”クソ!”って思う。でもその場の空気を壊したくないからね。そういう時はワインリストを見て、上から下まで顎を使って見て、人にリストを回すんだよ」と笑う。「それが俺のルールなんだ。誰も恥ずかしい思いをしないしね」

映画『Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼』(2007年)では、家族を持つシリアルキラーを演じた。これまでのイメージと100%異なる役柄を演じた彼に対し、ザ・ニューヨーカー誌は「ここ数年で最高の役柄」と評した。

コスナーがこれまで監督した映画は3本。破滅に近づいた世界における西部劇『ポストマン』(1997年)は、公開当時あまり評判が良くなかったものの、現在ではその評価も変化している。『ワイルド・レンジ 最後の銃撃』(2003年)は、彼の偉大な西部劇の一つであり、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990年)はアカデミー作品賞、アカデミー監督賞を受賞した作品である。そして彼は自身のバンド、ケビン・コスナー&モダン・ウエストで、ギターとヴォーカルを担当している。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月10日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。