米大統領選に立候補表明の作家、抗うつ剤に関するツイートで炎上

米大統領選に立候補表明の作家、抗うつ剤に関するツイートで炎上
控えめに言っても、マリアン・ウィリアムソン氏はやや物騒な見解の持ち主だ。ベストセラー作家にしてスピリチュアルアドバイザー、そして米民主党の大統領候補指名を狙う彼女は、ワクシンからジェームズ・キャメロンの代表作『アバター』熱まで、ありとあらゆる過去の発言で批判の矢面に立たされている。だが、前回の討論会終了後にウィリアムソン氏への注目と非難が集中した理由は、こうした発言のうちのひとつ、抗うつ剤に対する彼女の姿勢が大勢の人々の反感を買ったからだ。

多数メディアが報じたところでは、ウィリアムソン氏は抗うつ剤を批判するツイートをいくつも投稿し、抗うつ剤はしかるべき精神疾患の治療目的ではなく、「痛みを麻痺させる」ために過剰に処方されている、と主張した。2014年に投稿されたツイートでは、俳優ロビン・ウィリアムスの死を、死亡時に体内から抗うつ剤が発見された事実と関連付けるような発言を投稿した。

アンダーソン・クーパー氏とのインタビューの中で、ウィリアムソン氏は被害を最小限にとどめるべく、コメントの真意を明確にしようと試みた。抗うつ剤による精神疾患治療に関して「麻痺」や「隠ぺい」という表現を使ったことについて、またこうしたコメントにより、現在危機に直面している人々が本来必要な薬物療法と距離を置くのではないか、という質問に対し、ウィリアムソン氏はこう答えた。「あれは適切な発言とは言えませんね。私は一度もあんな発言をした覚えはありません。私の言い方とは全く違いますし、私の発言を完全に誤解しています」

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月12日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。