マキタスポーツが語る、「音楽」と「お笑い」を融合させた芸への道

マキタスポーツが語る、「音楽」と「お笑い」を融合させた芸への道
音楽、文芸、映画。長年にわたって芸術の分野で表現し続ける者たち。本業も趣味も自分流のスタイルで楽しむ、そんな彼らの「大人のこだわり」にフォーカスしたRolling Stone Japanの連載。ピン芸人として活躍するマキタスポーツは、昨年音楽活動20周年を迎えた。「音楽」と「お笑い」を融合させた芸を完成させるまでには、試行錯誤の連続だったという。今回はその表現のこだわりについて聞いた。

Coffee & Cigarettes 16 | マキタスポーツ

2012年公開の映画『苦役列車』で「第55回ブルーリボン賞」の新人賞を(43歳で!)獲得し、以降は俳優としても引っ張りだこの存在となった、お笑い芸人マキタスポーツ。

彼の持ち芸である「オトネタ」は、いわゆる既存の楽曲を声マネで歌うのではなく、例えばミスチル風や奥田民生風、サザンオールスターズ風など、そのアーティストが「いかにも書きそうな楽曲」を作り上げるという、例えばビートルズのパロディ・バンドであるラトルズ辺りを彷彿とさせる「クオリティの高さ」が特徴である。しかも、そのルーツは意外にも長渕剛のラジオ番組にあるという。

「確か僕が中学3年の頃かな。長渕さんがラジオで『ギター講座』という企画コーナーをやっていて。そこで作曲方法や歌い方のモノマネを披露していたんですよ。ギターのコードを鳴らしながら『吉田拓郎だとこんな感じになるよね』とか、いろんなピッキングスタイルを紹介し『こうやるとカントリーっぽくなるでしょ?』とか。『語るように歌えば、ボブ・ディランみたいでしょ?』って。それを聴いているうちに、『音楽って面白いかもしれない』と思うようになっていったんです」

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月30日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。