DOWNLOAD JAPAN主催者が語る2020年の展望「ヘッドライナーの名前を聞いたら驚くと思う」

       
DOWNLOAD JAPAN主催者が語る2020年の展望「ヘッドライナーの名前を聞いたら驚くと思う」
今年3月に日本で初開催されたイギリス発の音楽フェス「DOWNLOAD JAPAN」が、2020年3月29日(日)に再び幕張メッセで開催される。

日本初上陸にもかかわらず幕張メッセに2万人を動員した同イベント。イギリス本国では毎年数万ものファンと、ロック、パンク、メタル、ハードコア、クラシックロックといった幅広いラインナップのバンドが集う。「DOWNLOAD JAPAN 2019」では、体調不良によりオジー・オズボーンの出演がキャンセルとなったものの、ジューダス・プリースト、スレイヤー、アーチ・エネミー、アンスラックス、ゴースト、MAN WITH A MISSIONら全10組が会場を沸かせた。

ダウンロード日本版を主催するのは世界最大の音楽イベント会社、LIVE NATIONの日本支社であるLIVE NATION JAPAN。代表取締役を務めるジョン・ボイル氏に今回インタビューを実施。「DOWNLOAD JAPAN 2020」の話も聞くことができた。

ー日本はハード・ロックとヘヴィ・メタルが人気ですけど、ジョンさんがダウンロードを日本で開催しようと思ったきっかけは何ですか?

私自身がハード・ロックとヘヴィメタルに情熱を注いでいるというのもあり、日本で何かイベントをやりたかったんだ。ダウンロード創始者のアンディ・コッピングとは以前から知り合いで、私がLIVE NATION JAPANに入ってから彼に話をした。「日本でダウンロードをやりたい」と。そしたらすぐにオッケーをもらって、あとはトントン拍子に話が進んだよ。
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月5日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。