ザ・クロマニヨンズ、不変のロックンロールが見せた「正解」

ザ・クロマニヨンズ、不変のロックンロールが見せた「正解」
       
ザ・クロマニヨンズが、全国ツアー〈ザ・クロマニヨンズ ツアー PUNCH 2019-2020〉を開催中。来年4月のツアーファイナルまでに全国58公演を約半年で回る予定だ。本記事では11月20日(水)に東京・TSUTAYA O-EASTで開催されたライブをレポートする。

会場に入ると、正面には「PUNCH」と縁取られた電飾がステージを照らしていた。本ツアーは、ザ・クロマニヨンズ13枚目のアルバム『PUNCH』を引っ提げて開催されるもの。本人達も公言しているように、ザ・クロマニヨンズはどのアルバムが出た時も”いつも同じ”カッコよさを見せる。最上級な彼らに変化は必要ないのだ。今回のアルバムの名前「PUNCH」という言葉に自分はどう向き合うか、そんな事を考えているとライブが始まった。

ステージが暗転しSEが流れると、真島昌利(Gt)、小林勝(Ba)、桐田勝治(Dr)、そして甲本ヒロト(Vo)が登場。甲本が「オーライ、ロッケンロール!!」と叫ぶと、歓声と熱狂が巻き起こる。『PUNCH』の1曲目「会ってすぐ全部」が今日の一発目だ。

ライブは『PUNCH』から楽曲を中心に披露されていった。発売されてまだ1ヶ月ほどだが、観客との一体感はすでに完成済み。「怪鳥ディセンバー」「ケセケセ」と続けると、観客は待ってましたとばかりに飛び跳ねて盛り上がる。その様子は、1つのうねりとなって会場を揺らすほどであった。

ライブ前のアナウンスで怪我のないようにと注意がなされていたが、確かにフロアには危なっかしいほどの熱気で溢れていた。客層は幅広く若者からベテランのファンまで居たはずなのだが、そんなことはライブが始まってしまえば関係のないことであった。小林と桐田が作る確かなリズムが体全身を突き動かし、マーシーのギターが脳に突き刺さる。そんな熱狂の中でも、しっかりと甲本の言葉が1人1人に届けられていく。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。