U2奇跡の来日公演 『ヨシュア・トゥリー』完全再現で炸裂した4人だけのマジック

U2奇跡の来日公演 『ヨシュア・トゥリー』完全再現で炸裂した4人だけのマジック
U2の13年ぶりとなる来日公演が12月4日・5日にさいたまスーパーアリーナで開催された。今回は初日のレポートをお届け。執筆者は荒野政寿(「クロスビート」元編集長/シンコーミュージック書籍編集部)。

13年ぶりに来日を果たしたU2のジャパン・ツアーは、すでに各メディアで報じられている通り、活動する女性たちをスクリーンで讃える演出(「ウルトラヴァイオレット」)や、アフガニスタンで亡くなった中村哲医師に弔意を示した2日目・12月5日のパフォーマンスが話題になっている。その後、会場での発電に、二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギーを使った燃料電池車を用いていたことも明らかになった。初期から社会に目を向け続け、政治的なテーマにも切り込んできたU2らしい行動だが、SNSを見ていると彼らのそういう側面を知らずに驚いている人が案外多い。あれだけいろいろやってきたのに?とも思うが、長い間日本へ来ないうちに、バンドのイメージが変容したところはあるのかもしれない。

そうしたニュースで『ヨシュア・トゥリー・ツアー』という本題についてほとんど触れられていないのも嘆かわしいことだ。彼らの代表作であるアルバム、『ヨシュア・トゥリー』(1987年)については、ちょうどRolling Stone Japanで制作当時の背景を詳しく解説したテキストが公開されたばかりなので、是非ご一読頂きたい

このテキストを読めばわかる通り、『ヨシュア・トゥリー』はいくつもの大きな変化を反映したアルバムだった。パンク・ロックの影響下でバンドを結成、前だけを見て突き進んできたU2が、初めてルーツ・ミュージックと向き合ったのが本作。1985年、南アフリカのアパルトヘイトに反対するアーティストが集って制作されたアルバム『Sun City』にボノが参加したとき、共演したキース・リチャーズからブルースやカントリー・ミュージックについて教わったのを機に、彼らはスポンジのようにアメリカの音楽を吸収していく。また、ウディ・ガスリーなどのフォーク・ソングに興味を持ったことで、そのルーツがアイルランドにあることを知り、初めて自国の伝承歌を意識するようになったのもこの時期だ。前作『焔』(1984年)から制作チームに加わったブライアン・イーノ、ダニエル・ラノワの薦めもあり、彼らはゴスペルにも急接近していく。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。