27歳で他界した「27クラブ」のスター20人

27歳で他界した「27クラブ」のスター20人
       
「27クラブ」はロックンロールの歴史において最も謎めいた、非常に痛ましい偶然のひとつに挙げられている。

27クラブという名称が広く知られるようになったのは、1994年にカート・コバーンが死んだ後、ロックファンが彼の年齢をジム・モリソンやジャニス・ジョップリン、ブライアン・ジョーンズ、ジミ・ヘンドリックスらと結びつけるようになってからだ――もっとも、1970年代初期に4人の天才たちが2年間で立て続けに他界したときから、ファンの間ではすでに有名な話だった。

2011年にエイミー・ワインハウスが27歳でこの世を去ると、さらに27という数字の意味合いに注目が集まった。27クラブの大半はミュージシャンだが、それだけに留まらず、多くの俳優やアーティストが薬物中毒や自殺、不慮の事故など様々な理由で命を落としている。今回は27歳という若さでこの世を去った人々の一部をご紹介しよう。

・ロバート・ジョンソン

27歳で他界した「27クラブ」のスター20人


デルタ・ブルースで最も名高い唯一無二の存在、ロバート・ジョンソンが遺した楽曲はスウィングと不協和音を利かせた、時に調子外れのギターに、地獄の番犬、悪魔、絶望感を綴った鳥肌ものの民話的な歌詞を乗せられている――ロックンロールの歴史で何十年も脈々と流れてきた嗜好だ。収録した楽曲は50曲足らず――そのうちいくつかは、後にクリームや(「Cross Road Blues」)、キャプテン・ビーフハート(「Terraplane Blues」)、ローリング・ストーンズ(「Love in Vain」「Stop Breaking Down」)らによってカバーされた――ハウリン・ウルフやエルモア・ジェームス、メンフィス・スリムといった面々と演奏し、名声を手にした。「最高のブルースがどんなものか、知りたいか?」と、かつてキース・リチャーズは言った。「これがそうさ」 1938年8月、27歳の誕生日からわずか数カ月後、ジョンソンは出演していたライブハウスのオーナーの妻に言い寄り、口の開いたウィスキーを勧められ、それを飲んだ3日後にストリキニーネ中毒と肺炎で死亡した。彼の遺体はミシシッピー州の名前のない墓に埋葬されている。

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月22日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。