東京スカパラダイスオーケストラはなぜ常に新しい? 30年一貫した哲学とは

東京スカパラダイスオーケストラはなぜ常に新しい? 30年一貫した哲学とは
拡大する(全4枚)
デビュー30周年のメモリアルイヤーを迎えた東京スカパラダイスオーケストラ。その記念すべきタイミングでリリースされたニューアルバム『ツギハギカラフル』はシングルリリースされた「ちえのわ feat.峯田和伸」「明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次」「リボン feat.桜井和寿」はじめ歌モノを集めたディスクとインスト曲を集めたディスクをカップリングした2枚組。クラシックでありながらブランニュー、オーセンティックでありながらポップ。いくつものボーダーを踏み越えて「トーキョースカ」の領域を拡大し続けるスカパラの今と未来がそこには詰まっている。30年の歩みを支えてきた哲学と今作に込めた思いについて、谷中敦(Baritone sax)、GAMO(Tenor sax)、NARGO(Trumpet)の3人に語ってもらった。

音楽に対して、頑固でありつつ柔軟でいたいんです。(NARGO)

―30周年、おめでとうございます。スカパラというバンドは、もちろんスカに根ざしながらも常にそれを今の時代に合わせて更新してきたという印象があって。その積み重ねの30年だと思うんですが、そういう意識はお持ちですか?

谷中敦:うん。ひとつのスタイルを貫いていくことはすごく大事ですけど、しなやかじゃないと生き残っていけない。いろんなことにオープンな姿勢は大事だと思っていますね。たとえば僕、タンゴのアストル・ピアソラが好きなんですけど、ピアソラってタンゴのなかでは異端児って言われていて。でも、今では全世界的にタンゴっていうとピアソラって言う人が多い気がするんですよね。それこそヨーヨー・マもやってるし、クラシックの人も入ってきている。そうやってジャンルを超えていく人が次の時代の音楽にアクセスしていけるんです。スカパラもそういう精神でいたいなとすごく思います。

この記事の画像

「東京スカパラダイスオーケストラはなぜ常に新しい? 30年一貫した哲学とは」の画像1 「東京スカパラダイスオーケストラはなぜ常に新しい? 30年一貫した哲学とは」の画像2 「東京スカパラダイスオーケストラはなぜ常に新しい? 30年一貫した哲学とは」の画像3 「東京スカパラダイスオーケストラはなぜ常に新しい? 30年一貫した哲学とは」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「東京スカパラダイスオーケストラ」に関する記事

「東京スカパラダイスオーケストラ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東京スカパラダイスオーケストラ」の記事

次に読みたい「東京スカパラダイスオーケストラ」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク