THE YELLOW MONKEY、京セラドームで見せた信念「これからも自分たちが信じるロックンロールを」

THE YELLOW MONKEY、京セラドームで見せた信念「これからも自分たちが信じるロックンロールを」
       
結成30周年を記念した初のドームツアー「THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary DOME TOUR」を開催中のTHE YELLOW MONKEYが、その2本目となる京セラドーム大阪公演を2月11日に開催した。昨年、現メンバーで初めてライブをおこなった12月28日にナゴヤドームからスタートした今回のツアーは、全4公演で異なるセットリストが用意されている。この日のライブで、吉井和哉(Vo/Gt)は、大阪公演のテーマは「ロックンロール気味かな」と言っていた。その言葉のとおり、この日は、結成から30年にわたり、お客さんに直接音楽を届けることのできる場所を何よりも大切にし続けてきたイエローモンキーの信念が貫かれた最高にロックンロールな一夜だった。

開演5分前、龍谷大学吹奏楽部による「MY WAY」と、吹奏楽アレンジされたイエローモンキーの「見てないようで見てる」が披露されるなか、会場が暗転すると、吉井、菊地英昭(Gt)、廣瀬洋一(Ba)、菊地英二(Dr)の4人がステージに姿を現した。1曲目にメジャーデビュー曲「Romantist Taste」がはじまると、ドームを埋め尽くす4万人のお客さんによる一糸乱れぬ腕振りで早くも会場が一体になる。最初のあいさつでは「元気でしたか?大阪。この日をメンバー全員とても待ちわびていました」と吉井。昨年、19年ぶりにリリースされた最新アルバム『9999』に収録されている「Balloon Balloon」や、1994年発表の3rdアルバム『jaguar hard pain  1944-1994』からの「FINE FINE FINE」では、ヒーセとアニーが生み出す強靭なグルーヴがドームを揺らし、続く「MOONLIGHT DRIVE」では、エマのエッジの効いたギターソロが鋭く空気を切り裂いていく。今回のツアーは、大小異なる複数のLEDスクリーンをランダムに使ったダイナミックな演出が、バンドの30周年を壮大に彩っている。

当時の記事を読む

吉井和哉のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「吉井和哉」に関する記事

「吉井和哉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「吉井和哉」の記事

次に読みたい「吉井和哉」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月12日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 吉井和哉 静岡

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。