レッド・ツェッペリン究極の名曲トップ40

レッド・ツェッペリン究極の名曲トップ40
       
レッド・ツェッペリンが残してきた名曲をローリングストーン誌がランク付け。画期的なギターリフ、ハードなブルーズ、壮麗なパワーバラード、ホビットの冒険まで、究極のナンバーを集めた完全ガイド。

●【貴重写真】レッド・ツェッペリン黄金時代を振り返る(全40点)

40.「イン・ジ・イヴニング」(1979年 原題:In The Evening)

アルバム『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』のオープニングを飾る7分間の曲。ギズモトロンでパワーアップしたジミー・ペイジのギターとジョン・ポール・ジョーンズによるABBAばりのシンセサイザーに乗せて、ロバート・プラントが孤独を叫び、ジョン・ボーナムは野生のヌーのように暴れまくる。電子楽器を得意とするジョーンズとバンドに元来備わるロックのパワーが見事に融合し、バンドのラストを締めくくるにふさわしいアンセムとなった。

39.「オール・マイ・ラヴ」(1979年 原題:All My Love)

ジョーンズによるうねりのあるシンセサイザーソロが印象的で厳かな「オール・マイ・ラヴ」は、ペイジが作曲者にクレジットされていないツェッペリン作品2曲のうちの1曲。1977年に5歳でこの世を去ったプラントの息子カラックに捧げた作品。ペイジの友人によると、「ペイジはこの曲を気に入っていなかったが、カラックについて歌った曲だから文句を言えなかった」という。

38.「トラヴェリング・リヴァーサイド・ブルース」(1969年 原題:Traveling Riverside Blues)

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月13日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。