憂歌団とTHE BLUE HEARTSのライブ盤から見る日本のブルース

憂歌団とTHE BLUE HEARTSのライブ盤から見る日本のブルース
       
日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年7月の特集は、ライブ盤。第6週目となる今回は、憂歌団とTHE BLUE HEARTSのライブアルバムを語っていく。

人にやさしく / THE BLUE HEARTS

こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今流れているのは、THE BLUE HEARTSの「人にやさしく」。インディーズ時代の1987年に発売となったシングル。1996年に発売になったライブアルバム『LIVE ALL SOLD OUT』からお聴きいただいております。歌詞の「頑張れ」が染みます。今月2020年7月の特集は、先月に引き続いてライブ盤特集です。

今週は6週目、緊急事態宣言以降、ライブに人が集まるということがあたかも罪悪視されているように語られている、それに胸が痛みます。音楽とは空気を流して伝わるものです。同じ会場で同じ空気を吸っているからこそ、共感できる。密だから魂が震えるのです。今日はそんな2枚のライブアルバムをご紹介。題して魂のライブアルバム。1枚はこのTHE BLUE HEARTSの初めてのライブアルバムです。1991年のNHKホール、そして1992年と1994年の武道館公演を中心に集めたライブアルバムです。この「人に優しく」は1994年の武道館ライブでした。いろいろな会場の音を集めたものですけど、別々の会場で収録した感じが全くない。ベストライブというアルバムですね。THE BLUE HEARTSのこのライブアルバムと組み合わせられるライブアルバムはあるんだろうか? と思いついたのが憂歌団。1977年のアルバム『生聞59分』から「シカゴ・バウンド」

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月12日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。