追悼ウォルター・ルー ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズ最後の生存者逝く

追悼ウォルター・ルー ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズ最後の生存者逝く
拡大する(全1枚)
パンク界のレジェンド、ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズのギタリストであり、最後の生存メンバーであったウォルター・ルーが71歳で亡くなった。

LAのクラブ「スターウッド」が、癌との短い闘病生活の末、8月22日にルーの死を最初に発表(Ultimate Classic Rock経由)。彼が率いたバンド、The Waldosもそのあとに認めた。「ウォルターは2020年7月に肝臓と肺の癌と診断され、それが急速に転移し、癌に関連した合併症により家族に囲まれた病室で穏やかに亡くなりました。彼はすべての人に愛され、音楽の世界へのあらゆる貢献によって尊敬されていました。とても寂しい思いをしているでしょう」と、同ヴェニューはソーシャルメディアに綴っている。

リズム・ギタリストのルーは、1975年にニューヨーク・ドールズが解散したあと、シンガー/ギタリストのジョニー・サンダースとドラマーのジェリー・ノーランと共にハートブレイカーズに参加した。ハートブレイカーズの初期ラインナップにはベーシストのリチャード・ヘルも含まれていたが、彼は1年後にグループを脱退。ビリー・ラスが後任となり、ハートブレイカーズ唯一のスタジオ・アルバムにして、パンク・ロックの名作である1977年の『L.A.M.F.』で演奏することになるラインナップが固まった。

デビュー・アルバムの直後、トム・ペティとの差別化のためにジョニー・サンダース&ハートブレイカーズは解散したが、1978年に行われた再結成公演がライブ・アルバム『Live at Maxs Kansas City』をもたらした。ハートブレイカーズはその後数十年にわたって断続的に再結成を繰り返し、1991年にサンダースが亡くなるまで続いた。その直後の1992年1月にノーランが亡くなり、2014年にラスも亡くなっている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク