ジョン・レノンの死から40年、生前最後のロングインタビュー完全翻訳

ジョン・レノンの死から40年、生前最後のロングインタビュー完全翻訳
拡大する(全1枚)
1980年12月8日に亡くなるわずか3日前、ジョン・レノンはローリングストーン誌との9時間に及ぶインタビューに臨んだ。

1980年12月5日(金)、ジョン・レノンはローリングストーン誌の編集者ジョナサン・コットとの9時間以上に及ぶインタビューを受けていた。インタビューニューヨークのアッパーウエストサイドにあった彼のアパートメントと、レコード・プラント・スタジオで行われた。それから3日後、レノンはスタジオでのミキシング作業を終えて自宅へ戻ったところで殺害されることとなる。インタビューは当初、1981年第1号のカバーストーリーとして掲載される予定だった。ところがレノンの死を受け、コットは急遽レノンの死亡記事に差し替え、インタビューの内容にはほとんど触れることがなかった。実は、インタビューのテープ起こしも完了していなかったのだ。レノンの死から30年が経ち(※訳注:2010年12月に米ローリングストーン誌が公開)、ここに初めてレノンが生前最後に受けた本格的なインタビューの全文を公表することとなった。楽しげでとても面白く、感動的かつ大胆で、ある意味危ない内容まで語っている。オノ・ヨーコとまだ幼かったショーンとの5年間に渡るプライベートライフを楽しんだ後で、レノンは再びスポットライトの当たる場所へ戻る矢先だった。

「奥の間へようこそ!」と言ってジョン・レノンは、明るく大げさな仕種でダコタ・ハウスの一室へ招き入れてくれた。天井にはオノ・ヨーコの手による美しい雲が描かれている。1980年12月5日。ソファに腰掛けると、隣に座ったヨーコが、2人の共作によるニューアルバム『Double Fantasy』の由来について語り始めた。前年の春、ジョンと息子のショーンはバミューダ諸島で3週間のバケーションを過ごしたが、その間ヨーコはニューヨークに留まり、彼女曰く「仕事を整理」していたという。バミューダからの電話でジョンは、ショーンを植物園に連れて行った時に「ダブル・ファンタジー」という花を見かけたことを彼女に伝えた。「フリージアの仲間だと思うが、2人の人間が同時にひとつのイメージを頭に思い浮かべると、不思議なことが起きるという意味に捉えた」とジョンは後に語っている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ローリング・ストーンズ」に関する記事

「ローリング・ストーンズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク