SUGIZOが語る、縄文文明から日本人が学ぶべきこと
拡大する(全4枚)
SUGIZOにとって3年ぶりとなるオリジナル・アルバム『愛と調和』は、「世界的パンデミックにより疲弊した人々への救済」をイメージして作られたという。

自らフィールドレコーディングした地球の音を織り込んだ曲、僧侶の声がミックスされた曲など、時空を超えたかのような壮大な仕上がりとなっている。アルバムを作る際に重視したものということで「縄文文明」という意外なキーワードを挙げたSUGIZO。今作の着想から完成までを紐解きつつ、日本古来の文明を引き合いに、ポストコロナの社会についても語ってくれた。

―12月初旬にブルーノート東京で開催されたSUGIZOさんの即興演奏プロジェクト・SHAGのライブを拝見させていただきました。今回の即興演奏の根底にあるのは「怒り」。激しい音に身体はもちろん心も熱くなりました。

ありがとうございます。SHAGの音楽の根底にあるのはフリージャズなんですね。同時にジャズ、ロック、ダブ、ファンクなどをグチャグチャにして吐き出すかのようなコンセプトのジャムバンドです。しかも自分の中に燻っているマグマのようなエネルギーを音楽にしたら、と思って今回のライヴになりました。逆に、ソロワークでは癒しの音楽を作りたかったんです。

-『愛と調和』は、確かにSHAGの真逆ですね。このアルバム、当初はいろいろな方をフィーチャリングして制作しようとしていたところ、コロナでそれが出来なくなってしまって……。

この記事の画像

「SUGIZOが語る、縄文文明から日本人が学ぶべきこと」の画像1 「SUGIZOが語る、縄文文明から日本人が学ぶべきこと」の画像2 「SUGIZOが語る、縄文文明から日本人が学ぶべきこと」の画像3 「SUGIZOが語る、縄文文明から日本人が学ぶべきこと」の画像4