大滝詠一の楽曲に隠された変態的リズムとは? 鳥居真道が徹底考察

「カナリア諸島にて」のドラム・パターンにおいて、3拍目に鳴らされるハットのオープン・クローズは、ファレル・ウィリアムスの「Happy」や、a-haの「Take On Me」でも聴くことができます。コード理論でいうところの終始保留のように宙釣りにされたような感覚をもたらすパターンです。

「Velvet Motel」は『ロンバケ』の中ではもっとも変態度の高い楽曲だと言えるでしょう。Aメロ部分は、「絶対バックビートは叩かないからね!」という気迫が感じられるドラム・パターンです。ベースは「Pap-Pi-Doo-Bi-Doo-Ba物語」と同様、不在のワン。ドラムに合いの手を入れるかのようなパターンになっています。アコギとハープシコードは楽曲の顔となり得るキャッチーなパターンで演奏されていますが、ドラムとベースは茶々を入れるかのようです。「あちらを叩けばこちらから」とでも言わんばかりのもぐら叩きのようなアレンジになっています。「君は天然色」のリズムは3連係4つ打ちでシンプルといえばシンプルですが、キメや2拍3連といったアレンジ上のギミックが楽しい曲です。

私がはっぴいえんど~ナイアガラ~ティン・パン・アレー関連の作品を手に取るようなったきっかけは、かつてSmartのCMで使用されていた「あしたてんきになあれ」を聴いたからでもなければ、『ラブ・ジェネレーション』の主題歌として「幸せな結末」を聴いたからでもありません。ポンキッキーズを観て「パレードって良い曲だな~」と思い、『ロスト・イン・トランスレーション』を観て「風をあつめてって良い曲だな~」と思い、『リンダリンダリンダ』を観て「風来坊って良い曲だな~」と思ったからです。洒脱なメロディとコードの響きに彩られたシックな音楽を期待していたのだと今にして思います。

この記事の画像

「大滝詠一の楽曲に隠された変態的リズムとは? 鳥居真道が徹底考察」の画像1 「大滝詠一の楽曲に隠された変態的リズムとは? 鳥居真道が徹底考察」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大滝詠一」に関する記事

「大滝詠一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大滝詠一」の記事

次に読みたい「大滝詠一」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク