性的人身売買で訴えられたマリリン・マンソン、暴かれた「鬼畜の所業」の数々

性的人身売買で訴えられたマリリン・マンソン、暴かれた「鬼畜の所業」の数々
拡大する(全1枚)
米ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の女優エスメ・ビアンコが、マリリン・マンソンから暴行および性的暴行を受けたとして、シンガーと元マネージャーのトニー・シウラ氏を訴えた。

【画像を見る】触る、舐める、挿れる、悪行三昧のポルノ男優

現地時間4月30日、カリフォルニア州中央地区連邦地方裁判所に提出された告訴状で、原告はマンソン(本名ブライアン・ワーナー)、シウラ氏、シウラ氏のマネージメント会社が人身売買法に違反し、リリースされることのないミュージックビデオと撮影されることのない映画に出演させるという口実で彼女をロンドンからロサンゼルスに連れ出した、と訴えている。

今年1月、複数の女性がマンソンの性的虐待を告発したが(マンソンは所属レーベルとの契約を打ち切られた)、ビアンコはその中の一人だった。2月にはニューヨーク誌とのインタビューで、2011年に交際していた時から受けていたという虐待をつぶさに語った。そして30日に、新たに訴訟を起こした。マンソンに対する性的・身体的虐待疑惑が浮上して以来、訴訟が起こされたのは今回が初めて。

「ワーナー氏はドラッグ、力、脅迫を用いて、再三にわたりビアンコ氏に性的行為を強要した」と訴状には書かれている。「ワーナー氏は2011年5月またはその付近に、ビアンコ氏をレイプした」。さらに訴状は、ビアンコ氏が意識を失った、または同意ができない状況で「性的行為に及んだ」と続き、被告から受けたとみられる性的暴行の数々が列挙されている。「これらの行為には、ワーナー氏の性的欲求を満たすために、ビアンコ氏の臀部、胸部、性器を平手打ちする、噛む、切る、鞭で打つなどが含まれる――いずれも原告の同意はなかった」

あわせて読みたい

マリリン・マンソンのプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マリリン・マンソン」に関する記事

「マリリン・マンソン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マリリン・マンソン」の記事

次に読みたい「マリリン・マンソン」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年5月4日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。