ベールに包まれたシンガー、Anonymouzが告白「孤独に刺さる歌を」
拡大する(全2枚)
誰もが知る人気の楽曲を独自の解釈で英詞に訳してカバーした動画が、音楽ファンのみならずRADWIMPS野田洋次郎を始め、有名アーティストからも支持をされているAnonymouz。しかし、彼女に関する情報は「ある日突然自分名前を失った19歳の少女…」というアーティストコンセプトのみで、顔出しはおろかプライベートな情報も謎に包まれている。Anonymouzとは何者なのか? 今回は5月17日にリリースした3rdEP『Greedy - EP』についてだけでなく、彼女の幼少期から現在までの道程にも迫っていく。

ー今は4月ですけど、来月で二十歳になるんですか?

はい。5月21日にLIQUIDROOMで1stワンマンライブがありまして、その日が二十歳の誕生日なんです。Anonymouzを知ってくださった方々にお会いするのが初めてなので、期待に応えたい気持ちもありますし、大好きな歌を皆さんと共有できることが本当に楽しみです。

ーそんなAnonymouzさんはYouTubeに上げたMVが総再生数1100万回を超えてますが、認知されるきっかけは何だったと思います?

関連記事:Anonymouz、最新EPがiTunes総合2位記録&20歳記念初ワンマンライブ開催

RADWIMPSさんの「そっけない」をカバーしたことですね。野田(洋次郎)さんが「This is great. Should copy?」とツイートをしてくださったのが大きかったと思います。あとはOfficial髭男dismさんの「Pretender」のカバーもたくさんの人に聴いていただけたので、そこから私のカバーだけじゃないアーティスト活動にも興味を持ってくださる方が増えていった気がします。

この記事の画像

「ベールに包まれたシンガー、Anonymouzが告白「孤独に刺さる歌を」」の画像1 「ベールに包まれたシンガー、Anonymouzが告白「孤独に刺さる歌を」」の画像2