tricotが語る、両極の持ち味活かした「暴露」「いない」の制作舞台裏

tricotが語る、両極の持ち味活かした「暴露」「いない」の制作舞台裏
拡大する(全6枚)
昨年10月にメジャー2ndアルバム『10』をリリースした4人組ロックバンドtricotが、今年に入って新曲を2曲完成させた。

5月にデジタル配信した「暴露」は、ローファイに加工されたジャケットとタイトルの「物々しさ」とは裏腹の、爽やかなポップチューン。続く新曲「いない」はテレビ東京のドラマ『春の呪い』の主題歌として書き下ろされたもので、こちらは一転して変態的なアレンジと、アグレッシヴなバンド・アンサンブルを全面的にフィーチャーした「tricotらしさ」全開の楽曲に仕上がっている。2021年に入り、自分たちの両極の魅力を提示した彼女たちは今、どんな景色を見ているのだろうか。「暴露」と「いない」の制作エピソードにスポットを当てつつ、4人の「現在地」を探ってみた。

─先月配信した「暴露」から続けての新曲リリースとなりますが、まず「暴露」はどのような経緯で制作されたのでしょうか。

中嶋イッキュウ(Vo, Gt):私たちは今年2月に『サイレントショー秘蜜』という有観客無配信ライブを、東京と大阪で開催したんです。ドレスコードあり、拍手禁止、ライブで起こったことは全て秘密、お客さんも私たちも無言で参加するという実験的な試みで、会場では私が作ったティザームービーを無音で流してたんですね。で、2月27日のEX THEATER ROPPONGIでは、そのムービーの中で東京・USEN STUDIO COASTでの振替公演についての告知をしたんですけど、4月16日の大阪なんばHatchで告知することが何もなくて。

この記事の画像

「tricotが語る、両極の持ち味活かした「暴露」「いない」の制作舞台裏」の画像1 「tricotが語る、両極の持ち味活かした「暴露」「いない」の制作舞台裏」の画像2 「tricotが語る、両極の持ち味活かした「暴露」「いない」の制作舞台裏」の画像3 「tricotが語る、両極の持ち味活かした「暴露」「いない」の制作舞台裏」の画像4
「tricotが語る、両極の持ち味活かした「暴露」「いない」の制作舞台裏」の画像5 「tricotが語る、両極の持ち味活かした「暴露」「いない」の制作舞台裏」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「tricot」に関する記事

「tricot」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「tricot」の記事

次に読みたい「tricot」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク