マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ケヴィン・シールズが語る過去・現在・未来

マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ケヴィン・シールズが語る過去・現在・未来
拡大する(全7枚)
マイ・ブラッディ・ヴァレンタインとシューゲイザーが再び盛り上がりを見せる2021年。同ジャンルを総括した名著の増補改訂版『シューゲイザー・ディスク・ガイド revised edition』の監修・黒田隆憲によるケヴィン・シールズ最新インタビュー、バンドと日本のファンとの相思相愛ぶりを考察したコラムをお届けする。

※この記事は2021年6月25日発売の『Rolling Stone JAPAN vol.15』に掲載されたもの、インタビューは2月下旬に実施。

たった1枚のアルバムで、その後のギターバンドのあり方を根本から変えてしまったマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン。幾重にもレイヤーされたフィードバック・ノイズや儚げで美しいメロディを、それまでの常識を覆すようなミックス・バランスによってまとめ上げた1991年の2ndアルバム『loveless』は、リリースから30年経った今も愛され続け、その謎めいたサウンドスケープを解明しようとする人々は後を絶たない。

彼らの旧作のストリーミング配信が解禁され、新装盤CD/LPもリイシューされた2021年はしかし、過去に何度か訪れた「マイブラ祭り」とは様子が違う。というのも、これまでメディアにはほとんど姿を現さなかったバンドの司令塔ケヴィン・シールズが、今回はいつになく積極的に取材やメディア出演に応じているのだ。バンドやその作品たちが「神格化」されることを避けようとしているのか、それとも単なる気まぐれか……? いずれにせよ、本誌も1時間半に及ぶインタビューを行うことに成功。アイルランド郊外にパートナーと2匹の愛犬と共に移住したケヴィンに、コロナ禍で考えていたこと、ソングライティングの具体的なプロセス、メンバーへの想いなどを尋ねた。

この記事の画像

「マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ケヴィン・シールズが語る過去・現在・未来」の画像1 「マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ケヴィン・シールズが語る過去・現在・未来」の画像2 「マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ケヴィン・シールズが語る過去・現在・未来」の画像3 「マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ケヴィン・シールズが語る過去・現在・未来」の画像4
「マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ケヴィン・シールズが語る過去・現在・未来」の画像5 「マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ケヴィン・シールズが語る過去・現在・未来」の画像6 「マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ケヴィン・シールズが語る過去・現在・未来」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク