リー・スクラッチ・ペリーが85歳で死去 レゲエ/ダブ界の「生きる伝説」逝く

リー・スクラッチ・ペリーが85歳で死去 レゲエ/ダブ界の「生きる伝説」逝く
拡大する(全1枚)
レゲエ・シンガー/音楽プロデューサーとして、60年代から活動を続けてきた伝説的なアーティスト、リー・スクラッチ・ペリーが85歳で亡くなった。The Jamaican Observerによると、ペリーは現地時間29日にジャマイカ西部のノエル・ホームズ病院で息を引き取った。死因は不明とのこと。

【動画を見る】スタジオの魔術師と呼ばれ、ロックやヒップホップのアーティストからもリスペクトされたペリーの音楽

ジャマイカのアンドリュー・ホルネス首相は同日、「伝説のレコード・プロデューサーで歌手のレインフォード・ヒュー・ペリーOD(愛称:リー・スクラッチ・ペリー)のご家族、友人、そしてファンの皆様に深い哀悼の意を表します」とツイートしました。リー・スクラッチは、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ、コンゴズ、エイドリアン・シャーウッド、ビースティ・ボーイズなど、さまざまなアーティストと仕事をし、プロデュースしてきました。リー・スクラッチ・ペリーは、音楽界に多大な貢献をしたことで、いつまでも記憶されることでしょう。彼の魂が安らかでありますように」

ジャマイカ首相の追悼ツイート

ペリーは、70年にわたるキャリアの中で、音楽界で最も多作なアーティストの一人でした。2000年代初頭までのペリーの全レコーディング作品を掲載した書籍『Kiss Me Neck』は、300ページを超えています。

キース・リチャーズは2010年にローリングストーン誌に、「リー・ペリーは音楽界のサルバドール・ダリだ。彼は神秘的だ。世界が彼の楽器なんだ。ただ耳を傾けるだけでいい。プロデューサーというよりも、アーティストの魂を刺激する方法を知っている。フィル・スペクターのように、彼にはどこからともなく聞こえてくる音を聞き分けるだけでなく、その音をミュージシャンに伝える才能がある。スクラッチはシャーマンだ」と語っている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク