OWlが語る野望「メロディックパンクを楽しみながら世の中に広めたい」
拡大する(全6枚)
3ピース・メロディックパンクバンド、OWlが2021年10月13日に初の全国流通盤アルバム『KICKASS』をリリースする。

2018年4月に高校の軽音学部でリコ(Vo.Gt.)、KABUKUN(Dr.Cho.)を中心に結成し、キャッチーなメロディと、リコの芯のあるヴォーカルを武器に、2019年8月に全国アマチュアバンド選手権「TEENS ROCK IN HITACHINAKA2019」でグランプリを獲得、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」への出演を果たした。前ギター脱退後の2020年、たいよー(Gt.Cho.)が加入し、万を時して完成させたのが、アルバム『KICKASS』となる。

関連記事:TOTALFAT・Shunが語るblink-182「天性の華がある部分に憧れるのかもしれない」

10月からは東名阪ツアーも予定している3人に、バンド結成のことから、アルバムのこと、今後の目標までじっくりと話を訊いた。

ーOWlは、同じ高校の軽音楽部だったリコさんとKABUKUNさんと前ギターの3人で組まれたそうですね。バンド名にはどんな由来があるんでしょう?

KABUKUN:いろいろバンド名を考えていたんですけど、「かっこつけるのって恥ずかしいよね」みたいな感じで全然決まらなくて。前のギターが「ふくろうが好き」と言っていたので、「もう英語にしちゃえばいいんじゃない? OWlでオウルじゃん!」って。そしたら英語の先生に「いや、OWl(アウル)だよ」って注意をされて、OWl(アウル)になりました(笑)。

この記事の画像

「OWlが語る野望「メロディックパンクを楽しみながら世の中に広めたい」」の画像1 「OWlが語る野望「メロディックパンクを楽しみながら世の中に広めたい」」の画像2 「OWlが語る野望「メロディックパンクを楽しみながら世の中に広めたい」」の画像3 「OWlが語る野望「メロディックパンクを楽しみながら世の中に広めたい」」の画像4
「OWlが語る野望「メロディックパンクを楽しみながら世の中に広めたい」」の画像5 「OWlが語る野望「メロディックパンクを楽しみながら世の中に広めたい」」の画像6