バッドバッドノットグッドが極意を明かす 懐かしくも新しいサウンドメイクの秘密

バッドバッドノットグッドが極意を明かす 懐かしくも新しいサウンドメイクの秘密
拡大する(全5枚)
トロントの3人組、バッドバッドノットグッド(BADBADNOTGOOD、以下BBNG)はケンドリック・ラマー、タイラー・ザ・クリエイター、フランク・オーシャン、サンダーキャット、ダニエル・シーザー、カリ・ウチスなどに起用されてきたインスト・バンドだ。もともと同時代のジャズ・ミュージシャンとは一線を画すアプローチでヒップホップ/ネオソウルを生演奏していたが、2016年の前作『Ⅳ』では方向性を大きく変えて、ブラジリアン・フュージョンやMPBからの影響を感じさせるファンキーでサイケデリックなサウンドを披露していた。

あれから5年。通算5作目のニューアルバム『Talk Memory』では、70年代のジャズロックや、ノイジーなフュージョンのレコードみたいなサウンドが鳴っている。かなりの部分が即興演奏で構成されていて、ほぼ一発録りのような臨場感と生々しさがある。「本当に2021年の新譜?」と思う人もいるかもしれない。だが、よく聴くと音像は現代的だし、演奏のディテールも70年代には聴かれなかったものだ。

ゲスト陣の顔ぶれも興味深い。テラス・マーティンのサックス、カリーム・リギンスのドラム、ブランディー・​ヤンガーのハープ、ニューエイジの巨匠ララージの奏でるチター、ブラジルの奇才アルチュール・ヴェロカイによる弦楽アレンジ、フローティング・ポインツのエレクトロニクスまで入り混じっていて、明らかに今の時代でなければ作れないアルバムにもなっている。

この記事の画像

「バッドバッドノットグッドが極意を明かす 懐かしくも新しいサウンドメイクの秘密」の画像1 「バッドバッドノットグッドが極意を明かす 懐かしくも新しいサウンドメイクの秘密」の画像2 「バッドバッドノットグッドが極意を明かす 懐かしくも新しいサウンドメイクの秘密」の画像3 「バッドバッドノットグッドが極意を明かす 懐かしくも新しいサウンドメイクの秘密」の画像4
「バッドバッドノットグッドが極意を明かす 懐かしくも新しいサウンドメイクの秘密」の画像5

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク