米津玄師、「YouTube ショート」広告キャンペーンに国内アーティストとして初参加

米津玄師、「YouTube ショート」広告キャンペーンに国内アーティストとして初参加
拡大する(全1枚)
米津玄師が、国内アーティストとして初となる「YouTubeショート」広告キャンペーンに参加する。

YouTubeは2021年、「YouTubeショート」の広告キャンペーンを開始。今年7月、本キャンペーンのグローバル版にはBTS、The Weeknd、カミラ・カベロ、ドージャ・キャットが参加した。この度、日本でのローンチを迎え、その第一弾アーティストとして米津玄師の「Pale Blue」が起用される。

関連記事:川谷絵音とpH-1が語る、indigo la Endで両者がコラボレーションした意味

キャンペーンは、スマートフォン1台で簡単に撮影、編集、投稿ができるYouTubeショートを使って、ユーザーが思い思いのショート動画を作成できる機能を紹介。YouTubeショートは、音楽だけでなく、YouTube動画で使用されている音声(一部の動画)を自身のショート動画に追加することができる。

なお、本キャンペーンのデジタルCMでは最新シングル『Pale Blue』に合わせ、ユーザーが自由に演奏したり、歌ったりした短尺動画となっている。

米津玄師 オフィシャルHP:http://reissuerecords.net/
編集部おすすめ

当時の記事を読む

米津玄師のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「米津玄師」に関する記事

「米津玄師」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「米津玄師」の記事

次に読みたい「米津玄師」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク