キャンプ中に妻を殺害、バラバラ猟奇殺人事件の真相 米

キャンプ中に妻を殺害、バラバラ猟奇殺人事件の真相 米
拡大する(全1枚)
米バーモント州で休暇中に妻のエミリーさん(22歳)を射殺し、遺体をバラバラにしたと警察に自供したジョセフ・フェルラッゾ(41歳)は、殺人罪で無罪を主張した。

米史上最悪の連続殺人犯が告白「私は呪いだ」

パンデミック中に結婚したジョセフとエミリーさんのフェルラッゾ夫妻は、結婚1周年を風光明媚なバーモントのキャンプ地で迎えるはずだった。普段はエミリーさんの両親が住む敷地内で改造したキャンピングカーを自宅替わりに寝泊まりしていたが、10月15日にその車でニューハンプシャー州のホースフィールドを出発した。2人は2時間ほど車を走らせ、バーリントンから東へ30マイル先にあるバーモント州ボルトンに到着。グリーン山脈の西の麓、シャンプレーン湖のほとりにある田舎町で、近くではジョセフの姉が恋人と一緒に民泊していた。

だが10月18日にジョセフが帰宅した時、エミリーさんの姿はなかった。彼は義父母に「エミリーさんと駐車場で口論になった」と語った。その場を立ち去ろうとした妻を引き止めると、妻は夫の股間を蹴ったという。彼はその後店内へ戻り、エミリーさんはUberでニューハンプシャーまで残ると言った。彼女の姿を見たのはそれが最後だった。

ジョセフから話を聞いた後、エミリーさんの母親と継父は失踪届を出した。2人は若い夫婦の間に家庭内暴力が3~4回あったのを知っていたこと、エミリーさんにひっかき傷やあざがあったのを見たこと、本人は「ジョセフと取っ組み合いの口論になってできたものだ」と言っていたことを警察に伝えた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク