☆Taku Takahashiが語るblock.fmの10年間、これからの展望
拡大する(全2枚)
音楽マルチメディア「block.fm」が2021年、開局10周年を迎えた。

2011年11月11日、午後11時11分11秒、日本初のダンスミュージック専門インターネットラジオとして、☆Taku Takahashiが国内外を代表する著名DJらとともに開局したblock.fm。これまで数回に渡るリニューアルを経て、独自視点でキュレーションしたラジオ番組・ニュース配信、ブランドや企業のイベントプロデュース、延べ約250万人を動員したオンライン・フェスティバル「BLOCK.FESTIVAL」など、様々なアプローチで音楽を発信してきた。

関連記事:Mars89が渋谷WWW Xをビートの渦で埋め尽くした80分間

10周年を迎えるにあたり、もう一度音楽メディアとしての本質に立ち返り、ウェブサイトのリニューアル、ラジオ番組の改編を実施。”アーティストの集合体が新しいメディアの形をつくる”をテーマに、シーンを牽引するアーティストによる新番組や既存番組のリニューアルを行った。時代の変化に柔軟に対応しながらも発信していく同メディアの根底にあるのは、音楽やコンテンツへの愛情とリスペクトだ。それらをいかに伝えていくか。そして繋がりを持たせていくのか。情報が溢れる現代、どうやってそれらを線にしていくかの考えを、これまでのblock.fmの歴史を振り返りつつ、☆Taku Takahashiに語ってもらった。

―2011年に、block.fmを立ち上げられた経緯から教えていただけますか?

この記事の画像

「☆Taku Takahashiが語るblock.fmの10年間、これからの展望」の画像1 「☆Taku Takahashiが語るblock.fmの10年間、これからの展望」の画像2