ビリー・ジョエルのソロデビュー50周年、「ピアノ・マン」が生んだ永遠の名曲を振り返る
拡大する(全7枚)
ビリー・ジョエルのソロ・デビュー50周年を記念して、シングル曲/ミュージックビデオを完全網羅した3枚組(2CD+DVD)最新ベスト盤『ジャパニーズ・シングル・コレクション -グレイテスト・ヒッツ-』と、全キャリアを総括したムック本『MUSIC LIFE ビリー・ジョエル』が本日12月22日より発売。後者の編集担当・荒野政寿(「クロスビート」元編集長/シンコーミュージック書籍編集部)に、「ピアノ・マン」が生み出した名曲の数々を振り返ってもらった。

【ギャラリーを見る】ビリー・ジョエルの歴代ジャケット写真/アーティスト写真まとめ

ビリー・ジョエルの音楽人生は恐ろしく長い。ソロ歌手としてのキャリアは50年だが、最初に世に出たレコードはザ・ハッスルズの一員としてリリースしたシングルで、1967年。さらに歴史を遡ると、人気ガールグループ、シャングリラスの1964年のヒット曲「リメンバー(ウォーキング・イン・ザ・サンド)」などのレコーディングでピアノを弾いたことが知られている。ビリーのピアノが発売されたヴァージョンに採用されたかどうかは定かでないが、いずれにせよ15歳頃から音楽ビジネスに首を突っ込んでいたことは間違いないようだ。

地元のロングアイランドをベースに東海岸で活動したザ・ハッスルズだったが、2枚のアルバムはセールス不振に終わる。続いてハッスルズのドラマー、ジョン・スモールと2人でオルガン&ドラムスのハード・ロック・デュオ、アッティラとしてエピックと契約。1970年にアルバム『Attila』(当時の邦題は『フン族の大王アッティラ』)で再デビューしたが、これもさっぱり売れなかった。さらに悪いことに、ビリーはスモールの妻、エリザベスと不倫関係に。このエリザベスが後年ビリーのマネージメントを取り仕切り、ブレイクへと導く最初の妻になるのだが。親友を裏切り傷つけたことから罪悪感に悩んだビリーは、自殺未遂を図る。音楽から足を洗うことも真剣に考えたそうだ。

この記事の画像

「ビリー・ジョエルのソロデビュー50周年、「ピアノ・マン」が生んだ永遠の名曲を振り返る」の画像1 「ビリー・ジョエルのソロデビュー50周年、「ピアノ・マン」が生んだ永遠の名曲を振り返る」の画像2 「ビリー・ジョエルのソロデビュー50周年、「ピアノ・マン」が生んだ永遠の名曲を振り返る」の画像3 「ビリー・ジョエルのソロデビュー50周年、「ピアノ・マン」が生んだ永遠の名曲を振り返る」の画像4
「ビリー・ジョエルのソロデビュー50周年、「ピアノ・マン」が生んだ永遠の名曲を振り返る」の画像5 「ビリー・ジョエルのソロデビュー50周年、「ピアノ・マン」が生んだ永遠の名曲を振り返る」の画像6 「ビリー・ジョエルのソロデビュー50周年、「ピアノ・マン」が生んだ永遠の名曲を振り返る」の画像7