ミレニアル世代直撃のエモとポップパンクの祭典が、アメリカで注目される理由
拡大する(全1枚)
現地時間18日、突如アナウンスされた音楽フェスが「When We Were Young」だ。マイ・ケミカル・ロマンスとパラモアをヘッドライナーに迎え、10月22日に米ラスベガスで開催予定。同フェスのラインナップには、世界中のミレニアル世代にとって懐かしのバンドが顔を揃える。

【写真】「When We Were Young」ポスター

ジミー・イート・ワールド、ダッシュボード・コンフェッショナル、ストーリー・オブ・ザ・イヤー、ザ・ユーズド、センシズ・フェイル、テイキング・バック・サンデイ、アルカライン・トリオ、ボーイズ・ライク・ガールズ、AFIなど、エモとポップパンクの祭典に呼ぶに相応しい豪華な並び。さらにブリング・ミー・ザ・ホライズン、ブライト・アイズ、アヴリル・ラヴィーンなどのメジャーな名前も。そして話題のパンクバンド、ザ・リンダ・リンダズやTikTokで人気のジェイデン、リルハディなどの名前も新たに加わった。

2000年代初頭のワープド・ツアーやテイスト・オブ・ケイオスといった音楽イベントが象徴していた当時の熱気に思いを馳せつつ、今回は5つのポイントを挙げてみた。

1:そもそも、どこからこのフェスティバルの話が持ち上がったのか?

実は「When We Were Young」フェスティバルが開催されるのはこれが2回目。1回目は2017年、カリフォルニア州のサンタアナで、コーチェラ・フェスティバルの1週間前に行われた。この時は2日間の開催で、ここまで華やかではなかったものの、モリッシーやAFI、ディセンデンツ、ケイジ・ジ・エレファント、テイキング・バック・サンデイなどなど、やはりエモやパンク、インディーロックの懐かしの面々が顔を揃えた。