Natural Lagが語る、ソロプロジェクトが「バンド」に変わった瞬間

Natural Lagが語る、ソロプロジェクトが「バンド」に変わった瞬間
拡大する(全7枚)
昨年末、日本レコード大賞を初受賞し、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たした5人組アーティスト・Da-iCE。そのメンバーであり、4オクターブの美声を誇る花村想太(vo)率いるバンドプロジェクト・Natural Lagが最新ミニアルバム『Natural Awake』をリリースし、初のワンマンツアー「Natural Lag Live Tour 2022 After Rain」を開催する。

今回のインタビューでは、メンバーそれぞれがどのような経緯でこのプロジェクトに集結し、どんな想いで変化しながら正真正銘のバンドにならんとしてきたのか語ってもらった。Natural Lagがそのバンドメカニズムも含め、如何に魅力的で面白いバンドか紐解く内容になっているので、ぜひご覧いただきたい。

関連記事:Da-iCEが語る10年の軌跡、「CITRUS」のヒットに至るまでの5人の自負

―2020年のデビューから2年。今、Natural Lagはどんなバンドになっているなと感じていますか?

花村想太(以下、花村):結成当初は、僕がやりたいことをやるソロ・プロジェクトみたいな感じでスタートしていたので、1stミニアルバム『ナチュラルストーリー』は自分ひとりで創ったモノをバンドメンバーにアレンジしてもらう。そういう方向性で活動していたんですけど、もっと仲間感が欲しいなと思って。それで「立て直そうかな」と自分の中で構想して、スタッフさんにもバンドメンバーにも相談して「みんなで方向性を決めていく、メンバーひとりひとりがNatural Lagの顔になるような活動がしたい」という話をしたんです。そこから今回のミニ・アルバム『Natural Awake』の制作に入ったので、話し合いをする機会が圧倒的に増えましたね。しっかり全員で意見を出し合って作品を創っていけるようになりました。

この記事の画像

「Natural Lagが語る、ソロプロジェクトが「バンド」に変わった瞬間」の画像1 「Natural Lagが語る、ソロプロジェクトが「バンド」に変わった瞬間」の画像2 「Natural Lagが語る、ソロプロジェクトが「バンド」に変わった瞬間」の画像3 「Natural Lagが語る、ソロプロジェクトが「バンド」に変わった瞬間」の画像4
「Natural Lagが語る、ソロプロジェクトが「バンド」に変わった瞬間」の画像5 「Natural Lagが語る、ソロプロジェクトが「バンド」に変わった瞬間」の画像6 「Natural Lagが語る、ソロプロジェクトが「バンド」に変わった瞬間」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

花村想太のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「花村想太」に関する記事

「花村想太」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「花村想太」の記事

次に読みたい「花村想太」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク