Tani Yuukiが語る、「Myra」がTikTokで大ヒットするまでの音楽人生と未来
拡大する(全5枚)
TikTokを中心に人気を集め、ストリーミング累計1億回再生突破。今や代表曲「Myra」未聴の若者はいないと思われるほどバズっているシンガーソングライター・Tani Yuuki(タニユウキ)だが、彼がどんな音楽人生を歩んできたか知る者はまだ少ない。

部屋に閉じ篭っていた学生時代に音楽に救われ、RADWINPS・野田洋次郎の才能に影響を受けて曲作りに没頭し、VTuberアーティストとしてのデビューが決まるも頓挫してしまい、そこから自力で「Myra」などの名曲を生み出してブレイクを果たし、スターダムへ駆け上がろうとしている今に至るまでのストーリー。ぜひご覧頂きたい。 

-これまでのキャリアにおいて今最も注目度が高まっていると思うのですが、この状況に対してどんな感慨を持たれていますか?

2020年に発表した「Myra」が今も広まり続けていて、それは凄く有り難いことだし、良いチャンスを頂いたなと思っているんですけど、これからは楽曲だけでなく僕自身を知ってもらうことが重要なのかなと。今はネットだけじゃなく街中でも僕の楽曲がよく流れていて、僕の知らないところで「Tani Yuukiが話題になっていたよ」という話もよく聞くようにはなっているので、この機会を今後の音楽活動の為にもしっかり活かしていきたいなと思っています。

-TikTokというツールによって「Myra」や「W/X/Y」といった楽曲たちが世に広まっていったわけですが、そもそもTikTokを活用しようと思ったきっかけは何だったんでしょう?

この記事の画像

「Tani Yuukiが語る、「Myra」がTikTokで大ヒットするまでの音楽人生と未来」の画像1 「Tani Yuukiが語る、「Myra」がTikTokで大ヒットするまでの音楽人生と未来」の画像2 「Tani Yuukiが語る、「Myra」がTikTokで大ヒットするまでの音楽人生と未来」の画像3 「Tani Yuukiが語る、「Myra」がTikTokで大ヒットするまでの音楽人生と未来」の画像4
「Tani Yuukiが語る、「Myra」がTikTokで大ヒットするまでの音楽人生と未来」の画像5