LiSAデビュー11周年、夢を叶えた「特別な場所」で見せた新たな決意
拡大する(全4枚)
LiSAがデビュー11周年を迎えた4月20日に、『LiVE is Smile Always~Eve&Birth~』の東京公演が日本武道館にて開催された。福岡、東京、宮城の3都市で行われるこのツアーでは、デビュー記念日前日の4月19日と当日20日の武道館2DAYS公演を「the Birth」と銘打って実施。10周年の節目を経て新たな第一歩を踏み出す、彼女の強い決意が詰め込まれた選曲&パフォーマンスに圧倒される2時間半となった。

【もっと写真を見る】武道館のステージに立つLiSA

会場が暗転すると、ステージ後方のLEDスクリーンには星空や自然の映像が映し出される。すると、ステージには逆光でLiSAのシルエットが浮かび上がり、「往け」からライブがスタート。会場一面が青いペンライトで染め上げられるも、LiSAはこの曲の間シルエットのみで歌を届け続ける。そんな演出だからこそ、〈もう 誰も追いつけない場所まで 加速していけ 運命なんて気にしてる暇ないんだって〉や〈そう あの日の涙からの未来 辿り着いたわ〉といったメッセージがより強く響いたのではないだろうか。

そして、「ただいま、武道館!」を合図に「ROCK-mode18」に突入すると、会場は照明とペンライトで真っ赤に染まり、文字通りのロックモードへと突入。「往け」がメッセージを届けることに徹した”静”だとするならば、続く「ROCK-mode18」は彼女の一挙手一投足から目が離せない”動”の象徴のような1曲であり、早くも会場のボルテージは最高潮に達する。かと思えば、「武道館の皆さん、お祝いする準備はいいですか?」と「say my nameの片想い」にてフロアの多幸感を高め、「今日は特別な日に会いに来てくれてどうもありがとう。最高な”晴レ舞台”、楽しむ準備いい?」との呼びかけに続く「晴レ舞台」では大きなノリで会場を温かな空気で包み込んだ。

この記事の画像

「LiSAデビュー11周年、夢を叶えた「特別な場所」で見せた新たな決意」の画像1 「LiSAデビュー11周年、夢を叶えた「特別な場所」で見せた新たな決意」の画像2 「LiSAデビュー11周年、夢を叶えた「特別な場所」で見せた新たな決意」の画像3 「LiSAデビュー11周年、夢を叶えた「特別な場所」で見せた新たな決意」の画像4