つばきファクトリー、日本武道館単独公演で魅せた繊細な表現力と世界観の真骨頂
拡大する(全1枚)
つばきファクトリーが、2022年5月16日東京・日本武道館での単独公演「つばきファクトリーCONCERT TOUR~PARADE 日本武道館スッペシャル~」を開催した。

ここでは当日の様子を収めたオフィシャルレポートを掲載する。

関連記事:「Hello!Project ひなフェス2022」ハロプロ総出演で魅せたスペシャルなコラボと絆

今年2022年の2月22日にメジャーデビュー5周年を迎え、12人体制で念願だったホールツアー開催やニューシングルのリリースなど活動を活発化させているつばきファクトリー。グループ単独での武道館公演は昨年10月から7ヶ月ぶり2回目で、今回は全国コンサートツアーの中の一公演として行われた。

当日は感染予防対策を徹底した上で観客約5000人を動員し、BSスカパー! およびスカパー! 番組配信での生中継を実施。また、全国47ヶ所の映画館でのライブ・ビューイングも実施された。

ライブの幕開けを飾ったのは、最初の武道館公演でラストに披露された楽曲「マサユメ」。浅倉樹々が「行くぜ、武道館!」と声をあげ、”夢の続き”を繋ぐように華やかなパフォーマンスで会場を惹きつけた。

序盤ブロック後のMCではリーダーの山岸理子が「夢のような日本武道館から、早くもこのステージに立てたことを嬉しく思います!」と声をあげ、それぞれが挨拶とともに笑顔を観客席へ向ける。

MC明けには6月29日発売のニューシングルから新曲「弱さじゃないよ、恋は」が初披露される。花開くような丁寧な振り付けに爽やかさと女の子の強さを兼ね備えた歌詞、そしてメンバーの表情が印象的な曲だ。