BE:FIRSTが語る、2ndシングル『Bye-Good-Bye』の全貌
拡大する(全2枚)
「Rolling Stone Japan vol.17」(2021年12月発売)のカバーストーリーにて音楽への情熱を語り尽くしてくれた、BE:FIRST。パフォーマンスや楽曲の独創性を常に進化させて、音楽シーンや世の中の常識を動かしていこうとするビジョンを、彼らは一歩ずつ実現している。

【動画を見る】表紙撮影時のSKY-HIとBE:FIRSTを捉えたメイキング映像

5月18日、「Bye-Good-Bye」「Betrayal Game」「Brave Generation」の3曲を収録した2ndシングル『Bye-Good-Bye』が発売された。3曲どれもが、J-POPのヒットチャートにはまだないメロディや音像を創り出して、ジャンルの垣根を超えてあらゆるリスナーを巻き込んでいきながら日本のトップを目指した上で、世界へのリーチも視野に入れた挑戦的な楽曲だ。既存のヒット曲を後追いするわけでは決してなく、それぞれ異なるスキルを持った7人がいるBE:FIRSTだからこそ生み出せるオリジナリティが宿った楽曲として完成している。

特に表題曲「Bye-Good-Bye」は、「声のオーケストラ」とでも言いたくなるような、7人それぞれの声色、スタイル、テクニックが織り成されることで美しい表情と壮大さを持った楽曲に仕上がっている。前回の取材時の言葉を引用すると、プロデューサーのSKY-HIは「声の表情が曲の表情になるようにしたい」「誰が歌ってるかわからないということは避けたかった」と述べ、メンバーのMANATOは「今の世の中的に、どんな曲を出しても「何に寄ってる」「何々ふうだね」みたいに言われやすいですけど、その中でもちゃんと自分たちのオリジナリティを持っているグループでずっとあり続けたい」と言っていたが、BE:FIRSTの楽曲のオリジナリティを示すものであり音楽グループとして革新的である大きな要素とは、7人それぞれの「歌」なのだと改めて思わされる楽曲だ。

この記事の画像

「BE:FIRSTが語る、2ndシングル『Bye-Good-Bye』の全貌」の画像1 「BE:FIRSTが語る、2ndシングル『Bye-Good-Bye』の全貌」の画像2