2022年に絶対に見過ごしたくない「4枚の重要アルバム」2022年1月~3月期リリース編
拡大する(全1枚)
音楽メディアThe Sign Magazineが監修し、海外のポップミュージックの「今」を伝える、音楽カルチャー誌Rolling Stone Japanの人気連載企画POP RULES THE WORLD。ここにお届けするのは、2022年3月25日発売号の誌面に掲載された2022年1stクォーターを象徴するアルバム4選の記事。2020年初頭からのパンデミックの影響で、経済のグローバル化によってひたすら加速してきた産業と経済の時が止まった。だが、この時が止まった数年の間、もっとも成功を収めたのがひたすら加速し続けざるを得ない資本主義社会の写し鏡とも言える作家=ザ・ウィークエンドだったことはとても示唆的だ。今回ここで取り上げた4作品はどれも資本主義社会とアートのここ2年の変化に対する独自の解答だ。あなたはここに何を見るだろうか。

1. The Weeknd / Dawn FM

パンデミック下の行動制限期間に制作されたザ・ウィークエンドことエイベル・テスティファイによる5作目『Dawn FM』は、「未来のプランが全て延期になった」ことを受け、エイベルがこれまでの人生における後悔や失敗(ついでに過去の栄光も)を振り返るアルバムだ。

タイトルの〈夜明けFM〉とは死者が天国に行く前に罪の浄化を受ける場所=煉獄で流れる架空のラジオ局の名前。そこでかかっているのが本作の曲という設定だ。死がテーマなのはコロナで多数の命が奪われたこととも関係しているのだろう。危険なセックス(2曲で首絞めセックスの描写がある)やドラッグ使用を繰り返してきたエイベル自身もおそらく死の淵にいて、走馬灯を見るように本作の中でこれまでの人生を振り返っている。