iScreamの3人が語る、「歌」を極めるためのプロセスと結果
拡大する(全5枚)
ダンス&ボーカルグループ、iScreamの1stアルバム『i』が完成した。既発曲7曲に加え、新曲6曲を加えた全13曲収録。ダンス曲やバラード曲、動と静を行き来する多彩なポップソングが収録されていて、彼女たちの最大の強みである歌唱力・表現力をじっくり堪能できる。今回、RUI・YUNA・HINATAにインタビューを実施。また、Rolling Stone Japanの公式TikTokではアルバム収録曲「愛だけは…」のアカペラ動画を公開中なので、そちらも併せてチェックしてもらいたい。

【動画を見る】「愛だけは…」のアカペラver.

—1st EPを出した後、配信で2曲リリース、そこからの1stアルバムという流れは予想してましたか?

RUI:デビューしてまだ1年も経っていない新人の私たちが(『Maybe...YES EP』で2021年6月23日にデビュー)、4作品目でこうしてアルバムを出させてもらえるなんて、最初聞いた時はびっくりしましたし、ファンの皆さんやスタッフの皆さんのおかげで、iScreamの曲が13曲も揃ったということがすごくうれしくて。曲ごとに異なるカラーがある作品ですし、いい意味で自信に繋がるアルバムになった思います。

—「himawari」(2021年9月配信)でバラード曲ならではのiScreamの良さを発揮しつつ、その後の「つつみ込むように...」(2022年1月配信)ではMISIA

この記事の画像

「iScreamの3人が語る、「歌」を極めるためのプロセスと結果」の画像1 「iScreamの3人が語る、「歌」を極めるためのプロセスと結果」の画像2 「iScreamの3人が語る、「歌」を極めるためのプロセスと結果」の画像3 「iScreamの3人が語る、「歌」を極めるためのプロセスと結果」の画像4
「iScreamの3人が語る、「歌」を極めるためのプロセスと結果」の画像5