miletが約1年半ぶり、自身3作目となるアルバム『5am』を完成させた。ドラマ「転職の魔王様」の主題歌「Living My Life」、テレビアニメ「鬼滅の刃」刀鍛冶の里編のエンディング主題歌「コイコガレ」、ドラマ「やんごとなき一族」の主題歌「Walkin' In My Lane」、映画「七人の秘書 THE MOVIE」の主題歌「Final Call」など全15曲を収録。
最新作の制作背景や、アジアでの凄まじい人気ぶりについて本人に語ってもらった。

―お久しぶりです。

milet:クーラ・シェイカーのワンマンぶりですね!

今年2月の来日公演でバッタリお会いして(笑)。あのときのライブはいかがでしたか?

milet:堂々としていてかっこよかったし、やっぱりスターだなって。(サマソニでの共演で)一回近づいたけど、やっぱり遠くで見るべき人だなって思いました。

―その後、3月にはビョークの来日公演にも行ったそうですね。


milet:妖精みたいだなって。なんだか神聖で、大人なのに少女のようにも見えるし……(ライブ中に)長い夢を見ていたような気もします。あとは環境のことだったり、自分の提示したい問題を具体的に伝えようとしていて、終わったあとも考えさせられました。

―ちなみに、最近はどんな音楽をよく聴いてるんですか?

milet:最近、クイーンの「39」を久しぶりによく聴いてますね。私のすごく仲のいい友達が「この曲が一番好き」と言ってるのを聞いて、「心の繋がりを感じた!」と思って。この曲を聴くと、その大好きな友達への想いもあって、遠いところにいても元気がもらえますね。
すごくファンタジーな曲だけど、孤独さもあるし、自分が違う世界に飛ばされているような浮遊感みたいなのもあったりして。

―miletさんは昔から好きなアーティストや作品への想いをずっと大切にしている印象ですが、もともと好きだった曲を振り返る機会も多いんですか?

milet:多いですね。それこそ最近(日本に)来ていたからかもしれないけど、ウィーザーもまた聴くようになって。なんか感じ方が変わったなって思います。フィルターが変わってきたなって。

―それは自分がアーティストになったから?

milet:うん、アーティストとしていろいろ見てきたことで心構えも変わってきましたし、捉え方もそう。
細やかにいろんなものをキャッチするようになったなって思います。

―成長ですかね。

milet:成長してるんじゃないでしょうか!(笑)

―(笑)好きな作品を振り返ったりするのと同じように、自分自身のこれまでを振り返ったりもするものですか?

milet:常に振り返っています。曲を作るときも、今まで思い出してこなかったようなこと……たとえば幼稚園の帰り道に、母が漕ぐ自転車の後ろに乗っている時の感じとか、ふと思い出す瞬間があったりして。

―そういう過去の記憶って、今回のアルバムにも反映されてたりします?

milet:ありますね。それこそ、最後の「December」では母のことを歌っていて。
私も年齢を重ねたことで、幼い頃に母が言ってた言葉の意味、あのとき私を抱きしめてくれた意味、突き放した意味、何も言葉を発さなかった意味が、今になってようやくわかるようになってきて。連絡は毎日とっているんですけど、今は離れて暮らしている。けど、ときどき会って、またお母さんの愛を感じて……そんなふうに考えるようになってから、母が私に向けていたであろう視線を、私も母に向けるようになり、「守りたい」「支えたい」と思うようになってきたんです。母に対して母のような気持ちになることが増えてきて。

―「December」の慈しむような曲調にはそういう背景があったんですね。そういうパーソナルな部分を素直に表現しているのが、最新アルバムの大きな特徴なのかなと。


milet:そうですね、そういうところを出せるようになってきたのも成長かなって。

―タイトルとアートワークが公開されたとき、miletさんのイメージそのまますぎて最高だなって思いましたよ。

milet:そうなんですよ!(笑)。1stの『eyes』は「私を知ってほしい」というアルバムで、2ndの『visions』はみんなに寄り添うような作品になって。みんなとの繋がりをこれまで大事にしてきたけど、今回は私の内側を知ってもらいたいなと思ったんです。私が一人で過ごす孤独な時間の中身を「扉を開けておくから覗いてみて?」っていう気持ちで作ったアルバムですね。
だから、コンセプトも今までとは違うし、ジャケ写もそうですけど、私のまんまです(笑)。

―本当にああいう部屋に住んでそうですもんね、大好きな本に囲まれて。

milet:(笑)でかい本棚がボン、ボンってあって、その前で過ごす時間が一番好きなので。

―『5am』というタイトルも、ハッピーとサッドの境界線というかどちらでもない感じが、miletさんの音楽を言い表しているというか。

milet:夜明け前でもあり、朝焼けが登ってくる頃でもある。一番暗くて一番明るい時間、すごくグラデーションのある時間。自分の心も曖昧で……この曖昧さはたぶん、はっきり分けないほうがよくて。何色とか、どんな気持ちとか、曖昧なまま保管したいなって思っているので。アルバムの曲たちも一見明るそうに聞こえるけど少し物悲しかったり、一つの感情に振り切らないことを大事にしたものが多くなったと思います。

あと『5am』って名付けたのは、ここしばらくの期間、朝5時というものに左右されてきたというか執着してきたのもあって。最近の私のテーマでもあったんですよね。

―実際にこの時間に起きていて、考えることが多かった?

milet:うん。寝られずに起きていたことも多いし、「寝る時間がもったいないな」とずっと作業している時間でもあったりして。本当に午前5時が好きなんですよね。撮影が押し押しで終わって、家に着いたら午前5時になっていたときの感じとか。寝不足で気持ち悪いんだけど、爽快感というかやりきった気持ちもあったりして。

あと、ふとしたときに「私の音楽って何なんだろう?」って思うことがあるんですよ。それこそ……「Noël In July」という曲にも重なるところがある話ですけど、「心の本音を紡いで作った音楽が、みんなにはどう聞こえてるんだろう?」「私が作ったものって、どんな気持ちで手に取られているんだろう?」みたいな。もちろん、聴いてもらえる嬉しさもありますし、正解はないので捉えられ方は様々だと思うけど、歌のなかで厳重に隠していた本音まで見破られちゃってたりするのかな、とか。

―「Noël In July」は曲調からしてクリスマスソングですけど、「July」(7月)とあるように舞台は夏ですよね。

milet:私がクリスマスソングを聴き始めるのは夏で、クリスマスを一番楽しんでいるのはJulyなんです。で、この曲は映画っぽいっていうか物語があって。絵描きの女の子についての曲で、彼女はどんな絵にも雪を降らせてしまう。自分だけの世界を描いていたのに、その絵が次々と買われるようになり、手元に一枚も残らないぐらい捌けてしまって。嬉しいはずなんだけど、「私の世界なんてあなたに理解できるの?」っていう思いもあって。でも、わかってくれる人がいたらいいなっていう、ほのかな希望もある。気に入られることへの喜びと、誰にも理解してもらえない悲しさと、誰にも理解されたくないという気持ちが、私と似ているところがあって。この女の子は私っぽいなーって歌いながら思ってました。

―この曲の主人公にも、miletさんのパーソナルな孤独感が反映されていると。

milet:そうですね、ちょっと形を変えた「inspired by milet」みたいなキャラクターです(笑)。

アルバムの中核を担う2曲

―「Living My Life」はドラマ「転職の魔王様」の主題歌でありつつ、歌詞にも”5am”と出てくるように、コンセプトの核を担う曲なのかなと思いました。MVも最高ですよね。

milet:あ、嬉しい。

―歌詞だけ読むと、”泣けない日も笑えない日も 負けない日を重ねながら ここにいる”というフレーズを不特定の誰かのために歌っているようですけど、ライブやレコーディングの裏側を収めたドキュメンタリーテイストのMVが備わることで、miletさんが自分自身に向けて歌っているとも解釈できるようになる気がして。

milet:そうですね。まず曲を作るときに、みんなに届けたい気持ちもあるんですけど、まずは自分に届けたいっていう思いがあって。自分に響く歌でありたい、自分の言葉に嘘はないか、みたいな。そこはすごく大事にしているんですけど、この曲のMVで補足することができたかなと。

あとは『5am』にグラデーションがあるのと同じように、みんなに見てもらっている私、ステージ上での表情や振る舞いとはまた違う私もいるんですよね。ステージに出てくる直前の私はこんな感じだったり(固そうな表情を浮かべて)、同じ人でも多面性がすごくあるはずで。それでいいと思うんですよ。私もすごい笑顔のときもあれば、落ち込んで口をつむいじゃってるときもあるけど、そんな自分も私は好きだから。そういうありのままの姿も捉えたショットが多いMVになりました。

―アーティストにも日常があって、葛藤する時間もある。そこが描かれてるのがいいなと思いましたし、miletさんの一貫したテーマである「孤独との向き合い方」が一歩前に進んだようにも感じたんですよね。自分の弱い部分を曝け出してもいいんだ、みたいな。

milet:たしかに。孤独と共存するっていうのは一つのテーマで、自分のなかにある孤独に対しての考え方も多岐になってきているし、受け口が広くなっているような気がします。みんながいるから感じる孤独と、本当にどうしようもなく救いようもない孤独と、遮断したいときの孤独と……いろんな人やものと触れ合うごとに、孤独って比例するように増えていって。種類もそうだし、時間もそう。孤独を感じない時間が増えるたびに、どんどん孤独の時間が増えていく、みたいな(笑)。ただ、その孤独に対応していくための術も見つけてはいるので、曲のなかにもそれが現れているんだと思いますね。

―「Living My Life」は音楽的にも一つの到達点というか。ストリングスなども入っているけど空間があって、シンプルな作りで深い情感を表現しているように思います。

milet:そうですね。鐘の音やストリングスの音作りにもこだわったので、そういう聞かせたい音をシンプルな音作りによって輝かせたかったのはあります。あとはやっぱり歌詞を聞かせたい、聞いてもらいたい言葉がたくさんあったので。そこで音が詰まりすぎていると、みんなが想いを馳せる隙間がなくなってしまうと思ったんですよね。あえて音的にも行間を作ることで、それぞれの経験とか想いを(歌詞に)重ねられるんじゃないかなと思って。

―あとは「Hey Song」も重要曲じゃないですか。

milet:この曲も大好きです! マックス(Max Hershenow)というアメリカ人のアーティストがたまたま日本に来ていて、彼はドック(Ryosuke”Dr.R”Sakai)と仲良しで、3人で初めてセッションした曲ですね。もともと、みんなのコール&レスポンスを取り入れた曲を作りたいなと思っていて、マックスと一緒にやってみようと。

―この曲はmiletさんが愛するファンクラブ『miles』の会員限定ライブ「milet×miles Room #301」(6月に大阪・東京で開催)で初披露され、そこでレコーディングしたファンの声が使われているんですよね。

milet:そうそう。どうせなら誰よりも私のことを好きで、私も好きな人たちの声を収録できたらいいなと思って(笑)。そのコール&レスポンスも何よりも簡単で、”Hey”と”Whoa”だけ。基礎中の基礎みたいな。その後もフェスで予告なしに歌ったんですけど、100パーセント完璧に返ってきますね!。”Hey”と”Whoa”は世界共通言語ですから。

@milet_official
―(笑)。

milet:あとは歌詞に”4AM”って出てきますけど、そこから「Living My Life」に出てくる”5am”までの1時間に何があったの?っていうくらい差がありますよね(笑)。でも、そんなことってザラにあると思うんですよ。5分前までパーティーにいるような楽しい気分だったのに、ふと周りを見渡すと、一気にひとりぼっちになってしまったような感覚に陥ることってあると思う。そういう心境やテンションの変化も、『5am』っていうタイトルにしたことで表現しやすくなったのかなと。

―こういうポジティブな曲があることで、『5am』全体の世界観にも広がりがもたらされているように思います。

milet:自分でもこのアルバムをよく聴いているんですけど、「Hey Song」がかかると自然と笑顔になっちゃいますね。この曲が呼び起こしてくれることはたくさんあって。デビューしてから今まで、自分の曲を誰が聴いているのかわからない不安のなかで歌ってきたんですけど、こんなにたくさんの声をもらうことができるなんて……。だから、これだけ明るい曲でも、自分にとっては奥深くまで潜れる曲なんですよね。

―2020年に1stアルバムを出した頃、コロナ禍でツアーができなくなって打ちのめされていたmiletさんを思うと、今こうしてファンと一緒に歌っているのは感慨深いものがあります。

milet:そういう意味でもすごく大切だし、自分のなかでも鍵になっている曲ですね。何よりこの曲は、一番好きな人達と作って、思い出を形に残せたことがすごく嬉しいです。

―グミ好きのmiletさんらしく、”食べ尽くした HARIBO”というフレーズも出てきますね。

milet:HARIBOさんからは許可をいただいています(笑)。

拡張するダークサイド

―『5am』はギターが印象的なアルバムでもありますね。1曲目「Clan (5am mix)」のイントロから、原曲にはないギターソロが飛び出してきて。

milet:去年行なったツアー「UNZEPP」の1曲目も「Clan」で、最初に登場してくるときにギターの野村陽一郎がソロを弾いてくれたんですよ。それをそのまんま再現したものです。あのときの「始まるぞ!」という高揚感が最高だったので、「UNZEPP」の熱気をここに閉じ込めたいなと思って。

—「b r o k e n」も出だしのギターリフからして痛快です。

milet:これはMEGさんと2人で作ったんですけど、MEGさんはメタルが大好きで、私もメタルも大好きだし、「ちょっとヘヴィメタやってみるか!」と思って作った曲です。MEGさんと曲を作るのが楽しすぎて、すでに何曲も一緒に作ったんですけど、とりあえず「b r o k e n」を聴いてもらおうかなと。すごくハードでエッジーな曲だから、私の見たことのない一面が表れやすいかなと思って。エレキギターの低めの弦と、私の声が重なった感じをぜひ聴いてもらいたいです。

—「ついにこういう曲が来たか!」と思いましたよ。

milet:でも、これはまだ導入ですよ? メタルをやるとなったら私はがっつり行きたいけど、いきなりやったら混乱するかと思って。手始めの「b r o k e n」でもあります。もうちょっと行かせてください、今後。

―(笑)裏を返せば、キャッチーで絶妙なバランス感ですよね。

milet:そうなんですよ。少しポップスっぽさもありつつ。ヘヴィになりすぎないように、っていうのは意識しました。プリティー・レックレスとか、あれぐらいのバランスがいいなと思って。

―たしかに!

milet:アルバム制作に入る前に母とドライブをしたんです、プリティー・レックレスを聴きながら。それで、母から「こういうの絶対に合うよね」って言われたので作ろうかなと(笑)。

―素敵なお母さん(笑)。ちなみに、歌詞に出てくる”Here you are all equally worthless”(ここではお前らみんな等しく無価値だ)というフレーズは、映画『フルメタル・ジャケット』からの引用ですか?

milet:よくわかりましたね! ハートマン軍曹のセリフですけど、すごく冷酷だけどすごく真実でもあって。なんか忘れられなくて。あの人によって狂わされた人生があったわけじゃないですか。

―その辺の劇中描写はインパクトがありますよね。

milet:あのセリフも多面的だなと思うんですよ。この曲があのセリフによって壊れるのか、それとも自分のなかで何かしらの意思が固まるのか。考えさせられるものがあって、ちょっと入れてみました。

―miletさんのダークサイドな曲をいつも楽しみにしているわけですけど、「HELL CLUB」という曲名はいつにも増して直球ですね。どんなクラブなんですか?

milet:ははは(笑)。文字どおり地獄にあるクラブなんですけど、私がインスパイアされたのはギリシャ神話と古事記ですね。それぞれギリシャと日本の古い書物ですけど、どちらも同じように死後の世界が描かれていて。その死後の世界から愛する人を引き戻そうとして、振り返ってはならないと言われ、でも振り返ってしまったりする。その愛ゆえのエゴとまだ見ぬ地獄のドロドロ感が、日本と海外で接点がなかったはずの時代に共通認識として描かれているんですよ、しかも同じような死後のビジョンで。それがすごく面白くて。

だから、「HELL CLUB」も抜け出したいようで抜け出せなくて。でも愛する人に会いたくて。抜け出したいけど、ここの居心地はあまり悪くもないっていう。古事記でも描かれているように、冥土の食べ物を食べると元の世界に戻れなくなってしまう、その場所の楽しみを味わってしまったらもう帰れないっていう意味での「HELL CLUB」です。

―深い(笑)。

milet:この曲は総監督をドックが務めつつ、DJであるHiRAPARKと初めて制作したので、彼のクラブサウンドを前面に出したいなと思って。「今日はHELL CLUBっていう曲を作るからね」って伝えたら「お願いしますっ!」みたいな感じでノリノリだったので、「頼り甲斐あるなー」と(笑)。音作りも低音の響かせ方とか、サンプルの使い方もすごく好みでしたね。

―”馬鹿は死ねども踊り続けてる”というフレーズが異彩を放ってますね。

milet:「バ」の発音が大好きですね。みなさんに注目していただきたい。”馬鹿”の「バ」。

―(笑)曲終盤の”Testo ramme testo ramme / Testo ramesteco me”といったフレーズはイタリア語ですか?

milet:イタリア語の音楽用語もありつつ、私が勝手に作った造語です。私のなかではしっかり意味がある言葉なんですけど、そこは好きに解釈してもらいたいですね。みんなの解釈によって、この曲の世界観というか正解が変わってくる気がするので。この曲のあと、みんなが地獄から抜け出せるのか、はたまたすべて巻き込んで地獄に落とし込んだまま終わるのかは、この造語のなかでみんなに設定してもらえたらなと。

―リスナー各自が地獄への解釈を問われるわけですね。

milet:そうです!

アジアでの熱狂的人気に思うこと

―話は変わりますが、最近はアジアでの人気がすごいことになっているみたいですね。3月に出演した香港のフェス・Clockenflapでも合唱の嵐だったみたいで。

milet:恐ろしく盛り上がりました(笑)。

—僕も数年前に行ったことがあるんですけど、一番大きなメインステージ(Harbourflap Stage)に出たんですよね。相当広かったような。

milet:そもそも海外のフェスに出演するのは初めてで、広いステージっていうのは聞いてたので「5列くらい入るといいな」と思っていたら、後ろのほうまでしっかり入っていて。しかも、ステージに立つ前からmiletコールが聞こえてくるので「何これ⁈」と思って。曲は日本語の歌詞でもなんでも大合唱で、信じられない気持ちでいっぱいでした。圧に押されましたね、香港の圧に。

―香港のお客さんってすごく歌うじゃないですか。

milet:歌いますね! バラードでもなんでも一緒に歌ってくれる。あれが快感になってしまうところがあって(笑)。それこそ日本だと「歌って!」っていうと物凄く歌ってくれるし、聴いてくれるところは聴いてくれる、そういうメリハリがあると思うんですよ。それは歌い手にとって、曲のなかに没入できる素晴らしい時間でもあって。上海やマカオもそうでしたけど、「俺もライブに参加するわ!」みたいなノリで飛びかかってきて、みんなでライブを作っていくような感じ。今までにはない体験でしたね。

この投稿をInstagramで見るClockenflap(@clockenflap)がシェアした投稿
―7月にはマカオの「Tencent Music Entertainment Awards 2023」、上海の「bilibili world 2023」「bilibili macro link 2023」にも出演。そちらも盛況だったみたいですね。

milet:すごかったです! マカオも熱烈にウェルカムな感じをアピールしてくれたのが嬉しかったです。上海ではアニメ文化が前面に出たイベントで歌わせていただいて、日本の文化に向けられた愛の大きさを実感させられました。この国の文化が持つ影響力というのは、日本人が思っている以上にすごいものなんだなって。

―というと?

milet:たとえば、「Drown」はクールな曲で私も好きですけど、「ヴィンランド・サガ」のEDテーマということですごく盛り上がるんですよね。「Flare」も「王様ランキング」のED曲というのもあって大人気で。「鬼滅の刃」の曲も予想を遥かに上回る盛り上がりで、そういった曲たちが想像以上の盛り上がりを見せてびっくりしました。だから、ある意味楽しかったけど、これからは日本のアニメやドラマといった文化の一端を届ける立場として、責任感をもって歌っていかないといけないんだなって痛感させられる海外経験でした。

miletが明かす『5am』で曝け出した「私の内側」、アジアでの熱狂的人気に思うこと

「bilibili world 2023」でのライブ写真(7月21日、上海国家会展中心)

miletが明かす『5am』で曝け出した「私の内側」、アジアでの熱狂的人気に思うこと

「bilibili macro link 2023」でのライブ写真(7月22日、上海メルセデスベンツアリーナ)

―初の海外単独ライブとなる11月の台北公演は、販売開始2秒で完売したそうですね。そこから急遽決まった追加公演も即完売だったとか。

milet:びっくりしました。「11月までに売り切れたらいいな」と思っていたら……「2秒って何⁉️」っていう(笑)。こんなに待ってくれている人がいるんだなって思うと、もう今から楽しみで仕方なくて。日本での『5am』ホールツアーが終わったあとに行くんですけど、はじめましてということで自己紹介のつもりでライブをするつもりです。

―なんでそんなにアジアで人気があるんですか?

milet:私に聞かれても!(笑)。やっぱりアニメの力はすごいなって思いますね。ドラマも私が思っている以上に届いているみたいですし。海外でのライブを経験して感じたのは、日本語だけで歌うより英語も交えたほうが届き方も違うのかなって。コミュニケーションツールとしての英語もそうですけど、日本の方からしたら「何を歌ってるんだ?」と思われるパートも、ある意味で架け橋となっているように感じました。

―アジアでの勢いもますます加速していきそうですけど、現状ではどんな手応えを感じていますか?

milet:いろんな文化の力を借りつつですけど、曲を知ってもらえているっていうのは私も自信に繋がったので、これからも自分の曲といろんな人たちのパワーを背負って、海外でも歌っていけたらと思います。待ってくださっている方がたくさんいるのはSNSを通じて伝わっているし、挑戦することの緊張感と楽しさはなかなか味わえるものではないので。

ただ海外で歌うと、日本で応援してくれている人たちから「遠くに行っちゃって寂しい」っていう声も聞くんですけど、みんなのおかげで私の歌う場所が増えているんだよって知ってもらいたいですね。外の世界から日本に戻ってきた私はすごく成長していると思うし、その姿をこれからも見守ってほしい。みんなが育てたmiletと思ってもらえたらっていうのが第一にあります。

―最後に、9月から始まる全国ホールツアーはどんなものになりそうですか?

milet:『5am』を引っ提げてのツアーということで、「時間」にフォーカスした世界観を受け取ってもらいたいなって。「私はこういう想いでこの歌たちを作って、こういう時間を生きています」っていうのを表現したいんですけど、みんなも自分にとっての『5am』や各々の生きている時間へのビジョンを持ち寄ってくれたら嬉しいですね。それらを比較することで自分の世界観がもっと鮮明に見えてくると思うし。あとは、私の内側をかなり歌うライブになると思いますね。振れ幅があってテンション感も違うけど、このアルバムの曲たちはほぼ網羅する勢いで歌おうと思っているので、しっかり聴いてみんなのものにしてもらって、ツアーで会えたらなって思います。

milet
『5am』
発売中
再生・購入: https://milet.lnk.to/5am 

miletが明かす『5am』で曝け出した「私の内側」、アジアでの熱狂的人気に思うこと

・初回生産限定盤A:CD+Blu-ray+ライブCD  ¥6,300(税込)

miletが明かす『5am』で曝け出した「私の内側」、アジアでの熱狂的人気に思うこと

・初回生産限定盤B:CD+DVD  ¥5,300(税込)

miletが明かす『5am』で曝け出した「私の内側」、アジアでの熱狂的人気に思うこと

・通常盤:CD ¥3,300(税込) 

「milet live tour ”5AM” 2023」
2023年9月10日(日)千葉 森のホール21 大ホール
2023年9月17日(日)三重 四日市市文化会館 第1ホール
2023年9月18日(月・祝)愛知 名古屋国際会議場 センチュリーホール
2023年9月22日(金)兵庫 神戸国際会館 こくさいホール
2023年9月24日(日)ロームシアター京都 メインホール
2023年10月1日(日)大阪 フェスティバルホール
2023年10月7日(土)石川 本多の森 北電ホール (旧:本多の森ホール)
2023年10月9日(月・祝)新潟テルサ
2023年10月14日(土)静岡市民文化会館 大ホール
2023年10月15日(日)神奈川県民ホール 大ホール
2023年10月17日(火)東京 昭和女子大学 人見記念講堂
2023年10月22日(日)高知市文化プラザかるぽーと
2023年10月28日(土)広島文化学園HBGホール
2023年10月29日(日)岡山市民会館
2023年11月3日(金・祝)宮城 仙台サンプラザホール
2023年11月4日(土)岩手 盛岡市民文化ホール 大ホール
2023年11月11日(土)福岡サンパレス
2023年11月18日(土)東京国際フォーラム ホールA
2023年11月23日(木・祝)北海道 札幌文化芸術劇場 hitaru

「Hey Taipei, I'm milet」
2023年11月29日(水)、30日(木)台北 Zepp New Taipei

milet公式サイト:http://www.milet.jp/