日本人バイリンガルシンガー・RISA KUMONが注目を集めている。

2023年に「RECORD STORE DAY JAPAN」で発売された限定盤7インチ『Free』は即日完売、1stアルバム『Ri-Verse』(リ・ヴァース)は日本のR&B・ソウル配信チャート3位にランクイン。
コアな音楽ファンからの評価を得て、「RSD2024」では同作のLPも発売された。アルバムでは、ソウル・ヒット曲から沖縄・ハワイ由来の曲、さらにはU2の代表曲までさまざまなジャンルの曲を多国籍なミュージシャンたち共にカバーしており、表現力豊かな歌唱によってしっかりと芯のある作品となっている。そんな彼女は、幼い頃に罹った難病を抱えながら音楽活動を行っているという。パートナーであり、プロデューサーも務めるアメリカ・フロリダ出身のHIPHOP アーティスト、Rolandis ”RORO” Ramsey同席のもと、音楽への想いを語ってもらった。

―RISAさんは、いつ頃から音楽に触れていたんですか?

出身が長崎県佐世保市なんですけども、ベース(米軍基地)があってアメリカの人たちもたくさんいる環境の町で、学生の頃はヒップホップ、R&Bが流行っていたり、ストリートカルチャーの中で色々吸収していきました。私の父も色んな音楽を聴く人だったのでその影響があってオールディーズやジャズ、ボサノヴァ、ラヴァーズロックとかも本当にたくさん聴いて育ちました。


―幼少期に目のご病気をされたそうですが、お伺いしても良いですか。

3歳の頃、一度失明をし、その後奇跡的に視力を取り戻したのですが、網膜色素変性症という難病が後遺症として残りました。本当は遺伝の病気なんですけど私の場合は「はしか」が原因の2次性なんです。失明率が高い病気で小さい頃は夜盲症と視野が10度以下で視力も0.2~0.3ぐらいでした。大人になるにつれてゆっくり進行する病気で、コロナ禍のときに合併症の白内障がすごく悪くなり、日中や明るい場所は、太陽を直視してるみたいに眩しくて全部が白くぼやけるようになったんです。それから、リスクは承知で手術をすることを決意し、白内障による失明と眩しさは大丈夫になりました。
今は病気の進行により視野が3度以下に狭まり、更にわずかな中心部が見えている状態なので、周りを見渡してパズルのように景色と情報から状況を把握しています。あと、薄暗いところは見えていません。自分で音楽をやるようになったのは、目のこともあって、両親が私に何か取り柄を持たせようとピアノを始めさせてくれたのがきっかけです。他のことをするのは難しいことが多いけど、音楽は他の人より優れてできるなっていう自信を持つことができて、音楽が自分の一部だと感じるようになりました。学生留学やホストとして留学生の受け入れもしていましたが、やはり、もっと海外に行っていろんなカルチャーを知りたいっていう好奇心が強くなって、専門学校卒業後にLAに行ったんです。小さいときから周りに助けられて育ってきたので、子供の頃に密かに抱いていた思いがあって「私は大人になったらどういうふうに自分で生きていくんだろう」みたいな不安を克服するために、一人で海外への旅立ちは自分試しの挑戦でもありました。


バイリンガルシンガーRISA KUMONが語る、音楽でエナジーを届けたい強い理由


―海外ではどんなことを学んで今に至るんですか。

日本にいるときも音楽専攻ができる高校だったんですけど、それがクラシックだったんですよ。なのでイタリア歌曲とかオペラも歌えるんですけど、そのときはあんまり興味がなかったんです(笑)。どちらかというとR&Bとかソウルとかジャズ、ゴスペル、ヒップホップを深掘りしたいと思っていたからちょっと物足りなさを感じていて。それでLAのインターナショナル音楽学校に行ったんですけど、ついてもらったディレクターさんがK-Ci & JoJoのバンドのキーボーディストだったんです。それがきっかけで、他のバンドメンバーがレコーディングに遊びに来てくれたりとかして、音楽をやる上でのいろんなコツを教えてくれたりしました。
歌を習うっていうよりは曲制作やパフォーマンス、アドリブとかのアドバイスを受け、実践していく感じでしたね。でも音楽学校だけじゃビザが取れなかったので語学学校も同時に行きながら、多国籍のミュージシャンの方々と一緒にライブやレコーディングをしながら、音楽制作を学びました。

―日本に戻ってきたときに、現在のパートナーでプロデューサーのROROさんと出会ったわけですか。

そうですね。日本帰って最初は東京にいたんですけどカルチャーショックバックが大きくて馴染めず、機会があって沖縄の方に移ったんです。そしたら沖縄音楽だけじゃなくスパニッシュ、ヒップホップとかいろんなカルチャーの音楽も聴けるしすごく肌に合って、いろんなイベントで歌わせてもらっていたんです。
そんな中で、チャリティーフェスのゲストでアメリカから参加していたROROと知り合って、曲づくりやアーティストをプロデュースするようになり、本格的にレーベルとして始動することを決め、国際音楽レーベル「R2 RECORDZ」を設立しました。昨年リリースした私の1stアルバム『Ri-Verse』はすべてカバー曲ですが、RISA KUMONというシンガーを知ってもらう意味で、みなさんが聴き馴染みのある曲と、私が今までインプットしてきたものを自分なりにアレンジしてアウトプットしたバラエティな作品集を完成させました。

―なるほど。タイトル『Ri-Verse』の意味を教えてもらえますか?

大まかには ”RISAS UNIVERSE” で、「私が創造する世界」これまで見て聴いて体験したものをクリエイトした世界という感じです。あと”REVERSE”だと「戻る」、”REBIRTH”「作り直す・生まれ変わる」っていう意味があったり、”RE:”にするとそれに対して返信する、”Risas Verse”で「Risaの詩」みたいな意味があったりいろいろ込めて『Ri-Verse』にしました。

―1曲目「Free」には〈I just got to be me〉(ただ自分でいたいだけ)というフレーズがありますが、RISAさんご自身の気持ちと重なる部分もあるのではないですか。


それはすごくありますね。やっぱり私の育った環境というか、「みんなと一緒」っていうのは難しかったし、自分なりに「こうしたらもっと生きやすくなるな」っていうのがあったので。自分をもっと尊重してオリジナルな考えを持って個性を外に出したいという気持ちがありました。それと、コロナのときに作ったアルバムなので、考えや思考を自由に持ちたい、自由を感じてもらいたいという意識もあります。

―オリジナルよりもすごく太いベースラインが印象的ですが、アルバムの曲はすべて生演奏なんですか?

基本的に生演奏です。曲によってメンバーがバラバラで、最初の3曲は東京のメンバーでやらせてもらったんですけど、「Free」も含めてこの3曲のベースは以前ライブでご一緒したことのある日野JINO賢二さんに参加して頂きました。今回はそれぞれの曲に合わせて、自分たち好みのアーティストやエンジニアを探していろんな国のアーティストさんに声をかけて作っていきました。なので、1曲1曲がグローバルなキャストの個性が混ざり合った構成になってるんです。例えば「With Or Without You」はピアノ、ドラム、ベースはアメリカ出身のメンバー、パーカッションがブラジルで、ストリングスはイスラエルからとか、いろんな国のアーティストのテイストが混ざっています。

―一方で「Hana」はアカペラで歌っています。

私の中で「Hana」は沖縄の影響を大きく受けたスピリチュアルソングで、作者の喜納昌吉さんから「あなたの歌からは波動が出ている。波動拳を極めなさい」と教えてもらってから、音楽や歌うことに対して波動を意識するようになり、この曲は私自身から出るエネルギーでサウンドを作りたいなと思ったんです。自然の森の中で川が流れていてそこにいろんな生物が存在していて、エナジーがいっぱい発生しているイメージがあって、そこで歌っている雰囲気で作りました。
 
―「Free」のMVも、スピリチュアルな映像になっていますよね。

自分にとって何が自由と思えるかなと考えたときに、自分が何かを創造できる環境と生命との繋がり、あとは自由にどこでも好きなところへ行けるっていうイメージを織り交ぜて作りました。英語の曲も多いので曲だけ聴くと、どこの人?という印象を持たれることが多いので、日本人のアーティストとして自分のアイデンティティを出したいのと、日本の美しさを紹介したい気持ちもあって、富士山をはじめ日本のシンボルをたくさん入れて私の世界を表現しています。

バイリンガルシンガーRISA KUMONが語る、音楽でエナジーを届けたい強い理由


―ビル・ウィザーズのカバー「Aint No Sunshine」はドイツのベルリンで撮影されたMVが作られていますが、この曲を選んだ理由を教えてもらえますか。

すごく好きな曲でもあるし、「Aint No Sunshine」には ”暗闇の中に差す光” みたいな意味を感じるんです。ちょうどそのときに私が白内障でかなり弱視になっていて、光を避けるために暗がりにいて常に遮光サングラスをかけてたり、気持ち的にもちょっとダークだったというのもあってすごくマッチしたのかなって思います。それとこのMVの撮影時にはほとんど見えていなくて眩しい濃い霧の中にいるような視界でした。この時のベルリンも時期的にもロックダウンが明けるぐらいの暗い時期から光を求めてみんな外に出てくるみたいなときだったんです。ベルリンっていろんな歴史があって、闇もあるけどニューヨークみたいに新しいカルチャーもたくさんあって、光を感じる部分もあったり逆にまだ暗さを感じるところもあったりするんです。そんな光と闇が共鳴するバランスを出せたらなと思って、ダークの中の美しさをテーマにしたMVを作りました。

―最近公開された「Nothing Can Change This Love」のMVではミステリアスな始まりから浮遊と新たな世界観が表現されていますね。

このMVはFreeの制作チームで作り上げました。実は私たちのイメージの中で、「Free」→「Aint No Sunshine」→「Nothing Can Change This Love」はストーリー展開が繋がっている想定なんです。今回のコンセプトは、「変わらぬ愛」どんな状況であっても決して変わることのない愛と歌っている曲なので恋愛の愛だけではなく、私たちが共存しているこの惑星「地球」との繋がりも視点に入れた愛を時代観のないビジョンで表現しました。私たちが空気・水・エネルギーで繋がっているこの地球と向き合った時になくてはならない存在。恋愛のようにいい部分も、悪い部分も全部含めた愛。未来、別の惑星に移住したとしても私たち生命を繋ぐ故郷への愛は何があっても変わらないと思うんです。それぞれの視点からこのビジョンを受け取ってもらえたら嬉しいです。

―ROROさんからも、アルバムについてひと言もらえますか?

RORO:このアルバムは、人々に愛とインスピレーションを与えるために作った作品です。今回カバーしたすべての曲が、僕たちが愛し、魅了された曲です。そのインスピレーションを未来のクリエイターに還元して、人々が音楽をもっと自由に作れるようになってほしいと思っています。人々がこのアルバムから刺激を受けてくれることを願っていますし、気に入ってくれて家族や友人と共有してくれたら嬉しいです。私たちがこれから出す曲にも是非注目して欲しいですね。

バイリンガルシンガーRISA KUMONが語る、音楽でエナジーを届けたい強い理由

左から、RISA KUMON、RORO

―音楽制作以外にもROROさんと共に国際音楽番組のホスト、制作者として来日アーティストや様々な国際アーティストにインタビューをされていますが、このR2 Radio Networkを始めたきっかけは何だったのでしょうか?

きっかけは、”RORO RADIO”というヒップホップのエジュケーション番組を福岡のLOVE FMから始めて、ヒップホップはカルチャーということを知って欲しくて始めました。それから東京Interfmで国際音楽番組R2 RADIOに展開し、最新の国際音楽やアーティストのキャリアストーリー、カルチャーについて紹介を始めました。私たち自身、アーティストのストーリーや国際カルチャーにとても興味があったのと、日本ではなかなか知り得ないような世界で活躍しているアーティストの背景ストーリー、カルチャー、思考、価値観、感性などをシェアできたら更にビジョンが広がるきっかけ作りになるかなという思いもありました。そして、R2 RADIOはLAのHIPHOPグループThe Pharcydeが運営するグローバルネットワークPharcyde TVの日本番組として放送されるようになりました。最近では、Trendy Pickupsにて来日アーティストを含め、海外で活躍する日本の国際アーティスト・エンタメ業界に関わる方々にも沢山ゲスト出演頂いています。

―R2 RADIOはYouTubeから過去のエピソードを見ることができますが、Trendy Pickupsも公開される予定ですか?

はい、これからTrendy Pickupsのアーカイブもどんどんアップしていきます。なるべく多くの人にインスピレーションやサクセスまでそしてサクセスしてからのキャリアストーリー、アーティストたちからのアドバイスなどを届けていきたいですね。特に、夢に向かって頑張っている人やアーティストたちに見て欲しいです。新しいエピソードもオンタイムで公開していくので、まずは好きなアーティストや気になるアーティストから、ぜひチェックしてみてください。R2Radiojpで検索するとすぐ見つかります!(笑)

―今後の展開について、オリジナル曲を世界に発信していこうとお考えですか?

そう思っています。結構書き溜めている曲が沢山あって、その中から選んで出していきたいねって話しています。またいろんなグローバルなアーティストの方とかとも一緒にやっていこうと思っているんですけど、次もジャンルにこだわらずに私たちのサウンドになるんだろうなっていう感じですね。今、制作を進めているので、まとまったらライブ・パフォーマンスで思いっきり私の世界観を表現していきたいと思っています。

―最後にお訊きしますが、RISAさんが歌うことでみなさんに伝えたいメッセージはどんなことですか?

歌い始めてから今もずっと思っていることがあって、私が小さい頃にローリン・ヒルのパフォーマンスを見てそこでゴスペルを知ったりとか、すごくアーティストからもらったものが大きかったんです。何かそういうエナジーやインスピレーションを届けれたら……と思っています。というのも、小さいときからいろいろ助けられたり与えられたりすることが多かったんです。だから、私が持ってるものでみんなに恩返しすることができたらすごく嬉しいなって。それと、生きていく上できっかけがないと忘れてしまっている感情があると思うんです。そういうものを、音楽のグルーヴやサウンド、ヴァイブス、リリックだったりで、みなさんに何らかのインスピレーションを届けられたら嬉しいです。あとは「ポジティブ」なヴァイブスや波動を奏でたいので、曲にはあまり「ネガティブな波動」を入れないようにしているんです。「例え、ダークな歌でも絶対光は存在している」。そんな人生観のあるエナジーの歌をこれからも歌っていきます。

<リリース情報>

バイリンガルシンガーRISA KUMONが語る、音楽でエナジーを届けたい強い理由


Risa Kumon
ファースト・アルバム『Ri-Verse』
CD全14曲収録 / 12インチレコード全9曲収録
︎CD&配信ストア:https://r2intl.lnk.to/Riverse
︎オンラインストア:https://4c2019.myshopify.com
レーベル: R2 Recordz (アールツーレコーズ)

RISA KUMON(リサ・クモン)

バイリンガルシンガーRISA KUMONが語る、音楽でエナジーを届けたい強い理由


実力派の日本人バイリンガルシンガー・ソングライター。「声」と「エネルギー」で独特な安定感と壮大な世界感を表現するインスピレーショナルアーティスト。主にR&B/Soul/Jazz/Pops/Worldなど幅広いジャンルを独自にアレンジしている。

長崎県佐世保市出身。幼少の頃、麻疹により一度失明し、その後、奇跡的にわずかな視力を回復するが、後遺症として二次性網膜色素変性症(弱視・視野狭窄・夜盲症)を持つ。両親の意向によりピアノレッスンと普通教育を受け、専門学校卒業後、単身でロサンゼルスへ留学し、現地の音楽家やプロデューサーと音楽活動を経験。米国R&Bグループ K-Ci & JoJo のバンドメンバーにレコーディングのディレクションを受ける。帰国後、米国HIPHOPアーティストのROROと共に国際音楽レーベルR2 RECORDZを設立し、音楽製作、国際番組製作R2 Radio Networkより「R2 Radio」「Risas Select」「Trendy Pickups」を開始。Interfm(関東)、Lovefm(九州)、PharcydeTV (グローバル) にて放送。また、FOXジャパン企画フェスや米軍基地・米大使館などでのイベント他、中洲ジャズフェス、福岡アジアンコレクションFACo等にメインアクトとして出演するなど国際関連イベント・メディアにて活躍。2016年にリリースされたクリスマスEP ”Christmas Covers”では、iTunes StoreのJAZZトップソングにて1位を獲得。総合トップソングにおいては20位にランクイン。2022年6月リリースされたシングル”FREE”は、日・米R&B/SOUL iTunes 7位 Amazon 6位Amazonプリオーダー3位。Record Store Day Japan 2023年版限定7インチレコードとしてRadio edit ver.を発売し、即完売。日本の美を表現したミュージックビデオは、米国、スペイン、韓国のフィルムフェスにてオフィシャルセレクションに抜選され、海外の音楽メディアにて数多く取り上げられた。同年7月に1st アルバム「Ri-Verse」が先行配信リリースされ、日本のR&B・ソウル配信チャート3位にランクイン。同年11月にはボーナストラックを収録したCDを発売し、2024年のレコードストアデイ限定盤LPを発売。多彩な音楽性とRisaの世界観にアレンジされた名曲集は年代やジャンルを問わずに人気を得ている。日本のみならず海外からの人気度も上昇させている将来性が高い今注目の国際アーティストである。

公式HP:https://risakumon.com
Instagram: @risakumon
X: @risakumon
R2 Radio Network:https://www.r2radiojp.com