CyberMail に複数の脆弱性、パッチ適用を呼びかけ(JVN)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月11日、サイバーソリューションズ株式会社が提供するCyberMail における複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。中華資安国際 郭榮智 氏、謝佳龍 氏が報告を行った。

影響を受けるシステムは次の通り。

CyberMail Ver.6 系
CyberMail Ver.7 系

これらの製品には、クロスサイトスクリプティング(CVE-2020-5540)、オープンリダイレクト(CVE-2020-5541)の脆弱性が存在する。

これらの製品に想定される影響は各脆弱性により異なるが、当該製品を使用しているユーザーのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトを実行される(CVE-2020-5540)、細工されたURLにアクセスすることで、任意のウェブサイトにリダイレクトされ、結果としてフィッシングなどの被害にあう(CVE-2020-5541)可能性がある。

JVNでは、開発者が提供する情報をもとにパッチを適用するか、ワークアラウンドを実施するよう呼びかけている。

元の記事を読む

当時の記事を読む

ScanNetSecurityの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク