セキュリティ強化 Ubuntu Core 20、一般公開

Canonicalは2月2日、IoTデバイスや組み込みシステム向けのUbuntu 20.04 LTSをコンパクトにコンテナ化したUbuntu Core 20を一般公開した。

Ubuntu Coreは、安全性の高いスマート機器を開発するためにUbuntuアプリケーションのエコシステムで構築されており、今回のメジャーバージョンではセキュアブート、ディスク全体の暗号化、セキュアなデバイスのリカバリによってデバイスのセキュリティが強化されている。

今回のリリースでは、実績のあるUbuntu Coreがベースになっており、修正が必要な大量のOEM機器に対し、セキュリティアップデートや費用対効果の高い無人でのソフトウェアアップデートがどこからでもすぐに可能となっている。

使用しないソフトウェアは基本OSにインストールされないため、OSやアプリの攻撃対象領域は最小限に抑えられ、そのためセキュリティアップデートのサイズと頻度も低くなる。また、Ubuntu Core上のすべてのSnapは完全に隔離されているため、危険にさらされたアプリケーションからの損害は限定される。

ハードウェアのルートオブトラスト(信頼性の根幹)で、許可されていないソフトウェアのインストールは、ソフトウェアの完全性の証明とセキュアブートによって阻止され、さらにディスク全体の暗号化で、機密性の高い消費者、産業、医療、スマートシティを対象とした用途のプライバシーの要件の順守も容易となる。

元の記事を読む

当時の記事を読む

ScanNetSecurityの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「セキュリティ」に関する記事

「セキュリティ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「セキュリティ」の記事

次に読みたい「セキュリティ」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月9日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。