独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は5月9日、FUJITSU Network IPCOM の運用管理インタフェースにおける複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

IPCOM EX2シリーズ
IPCOM EXシリーズ
IPCOM VE2シリーズ
IPCOM VA2/VE1シリーズ

 富士通株式会社が提供する統合ネットワークアプライアンス FUJITSU Network IPCOM の操作時に使用する運用管理インタフェースには、Web コンソールにおける OS コマンドインジェクションの脆弱性とコマンドラインインタフェースにおけるバッファオーバーフローの脆弱性が存在する。

 想定される影響としては遠隔の第三者によって、任意の OS コマンドを実行される、機微な情報を窃取されたり改ざんされたりする、サービス運用妨害(DoS)攻撃を受ける可能性がある。

 JVNでは、開発者が提供する情報をもとに、ファームウェアを最新版へアップデートするか、運用管理端末を配置する専用のネットワークを用意し運用管理インタフェースへのアクセスをこのネットワークからのみに制限する、個々の運用管理端末に対してアクセス許可を設定する等の回避策を適用するよう呼びかけている。

元の記事を読む