日韓が好きな中国人は多い! 中国ネット「日本の悪口を言うと、友人に怒られる」
拡大する(全1枚)

 約14億もの人口を抱える中国では、様々な考えや好みの人がいるのは当然のことと言えるだろう。中国人のなかには、日本や韓国が好きという人も一定数いるが、中国のQ&Aサイト知乎にこのほど、「日本と韓国を好む中国人が多いのはなぜか」と質問するスレッドが立てられ、様々な回答が寄せられた。

 スレ主の周囲には、日本や韓国が好きだという友人が多くいるそうで、「日本の悪口を言うと、友人に怒られる」と述べている。またコスメやエンターテイメントの影響か、韓国好きな友人も多いらしく、「日韓が好きな中国人が多いのはなぜなのだろうか」と尋ねている。

 スレ主の質問に対し、「日韓は文化輸出に優れているからではないか」との回答が多く寄せられた。「彼らは宣伝がうまい」、「わが国は経済面では発展したが、文化創作の面ではまだ努力が必要」などのコメントもあり、文化面での日韓の優位性を認める人が多かった。

 また、「日韓は文化やエンターテイメント、工業面での洗脳能力がすごい。ここ数年でわが国は日韓文化に対する制限を課してきたが、精日(精神的日本人)や精韓(精神的韓国人)の出現を食い止められなかった」と主張する中国人ネットユーザーもいた。

 ほかには、日韓が文化面で優れていることを認めつつも「悪いところも多くあるので、やたらと日韓を崇拝する必要はない」との指摘や、以前は日本のアニメや韓国のアイドルが好きだったが、これらは「人の不満を押さえつける娯楽に過ぎないことに気が付いた」と主張する声もあったが、それは抗日ドラマのことではないだろうか。

 寄せられたコメントを見ると、日韓の文化や娯楽の質は非常に高いと見ている中国人は多いようだったが、日韓文化を好きになることは許せないと考えている人も少なくないようで、やはり中国人の中でも様々な考えがあるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)