日本では、人間だけでなくイヌも驚くほど「清潔」だった=中国メディア 

日本では、人間だけでなくイヌも驚くほど「清潔」だった=中国メディア 
中国メディアは「日本の飼いイヌは、人と同様『変態』レベルと言えるほど清潔だった」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 中国メディア・東方網は12日、「日本の飼いイヌは、人と同様『変態』レベルと言えるほど清潔だった」とする記事を掲載した。

 記事は、日本を行した際見かけたイヌの散歩の様子に「大いに感銘を受けた」とし、東京や大阪、名古屋などどこに行っても市民が愛犬を連れて散歩をしている光景を見ることができ、散歩ではなくお出かけの際にもイヌを連れて行く人さえいたと紹介した。

 そして、「驚きをもって発見した」こととして、都会の住宅地であっても郊外であっても、リードで繋がれていない飼いイヌを一度も見ず、飼い主がリードを手から離すこともなかったと伝えている。

 その理由について記事は、「日本人の慎重な性格と、イヌを飼ううえでの法規上の拘束に関係している。日本人は公衆道徳に対する意識が高く、イヌの飼い主も自律性を持っているのである」と解説した。

 また、自律性の高い日本の飼い主は、散歩中にリードをしっかり繋ぐほかにもイヌの糞をきれいに処理すると紹介。便を紙で取るだけでなく地面についた便もこすって洗い流すとし「中国人がイヌに芝生の上で糞をさせそのままにして立ち去るのとは大きな差である」と評した。

 さらに、日本の飼いイヌにあるもう1つ大きな特徴として「変態レベルな清潔さなのだ」と指摘。旅先で出会ったお年寄りが散歩させていた3頭の大型犬が真っ白でフワフワの毛をしており、そのきれいさに手で撫でるのを憚ってしまうほどだったとした。また、あまりのかわいさに写真を撮ろうとしてもイヌたちはとてもおとなしくしており、主人の命令にちゃんと従っていたと伝えている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF


【関連記事】
アモイにある「高崎空港」という名前、日本と何か関係があるの?=中国メディア 
日本は結局のところ中国に対して友好的なのか、敵対的なのか
中国はどうして日本に大量のパンダを貸与するのに、インドにはしないのか=中国メディア 
日本の屋台は、中国の露店とどんな点で異なるのか=中国メディア 
日本のコロナ感染が少ない「理由」はこれ? 驚きの説に世界が腰抜かす=中国メディア 

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月13日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。